独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#35 次のマイカーどれにする?(1/2)

 

2017年に買ったBMW420GCも、早いものでもう5年が経ちました

すぐに欲しいクルマもないし車検も通したので後2年は乗るとして、その後は買い替えるか乗り続けるかっていう微妙な時期になります

 

実は私、これまでに5年目の車検を通したのはレガシィツーリングワゴンと今のBMWだけなんですよね

でもレガシィは車検通したあとすぐにミッションがダメになったので、たぶん7年間乗り続けるのはBMWが初めてです(途中で壊れなければの話ですが・・)

 

いまのところBMWに不満はないので次の車検(7年目)も通すという選択肢もありますが、さすがに7年を過ぎると色々とメンテナンス費用も掛かるでしょうし、メーカー保証もだんだん効かなくなるし、安全装備も時代遅れになってくるだろうし・・

そう考えると、7年目に次のクルマに乗り換えるのが妥当かなと・・

じゃあ買い替えるとしたら、どんなクルマにするのか・・

BMWは走りが良くて高速やワインディングも気持ちいいし、高級感もそれなりにあってフォーマルな場所でもOKだし、エレガントなクーペデザインも気に入っているのですが、一度コンパクトカー(C3)に乗ってしまうと何かと扱いにくさを感じてしまいます

 

狭い道や駐車場では取り回しのよいコンパクトが断然楽です!

あと狭くて傾斜のある山道なんかは(たまに迷い込んだりするので・・)車高がある程度ないと不安です(コンビニの車止めも気にならないし・・)

 

そして高速道路をよく使う&長距離運転が多いことを考えると、直進安定性の高いクルマ(FF or AWD)がベスト!

街乗りでもワインディングでも、ストレスなくグイグイ登るトルクも欲しい!

当然ながら運転支援&衝突軽減などの安全装備は最新のモノがいいですね

そう考えると「やっぱ今度は、コンパクトSUVかぁ・・」

 

コンパクトSUVというと、シトロエンC3に決める時に最後の最後まで迷ったのがマツダCX-3

SUVらしからぬスタイリングと高級感溢れる内装、そして充実した安全装備
日本を代表するコンパクトSUVです!

今の仕様を調べてみるとガソリンエンジンは1.5ℓのガソリンと1.8ℓのディーゼルだけになってしまったんですね(3年前は2.0ℓのガソリンがありました)

 

SKYACTIV-G 1.5
(最高出力111PS/6,000rpm、最大トルク144Nm/4,000rpm)

SKYACTIV-D 1.8
(最高出力116PS/4,000rpm、最大トルク270Nm/1,600~2,600rpm)

さすがに1.5ℓガソリンエンジンはトルクが薄いので、買うとすれば1.8ℓディーゼルエンジン一択ですね

価格はディーゼルの2WD(6AT)で231.7万円~265.1万円です

 

そして3年前はまだ発売されていなかったのがマツダCX-30

こちらには2.0ℓガソリンエンジン、1.8ℓディーゼルエンジン、そしてハイブリッド車があります

 

SKYACTIV-G 2.0
(最高出力156PS/6,000rpm、最大トルク199Nm/4,000rpm)

う~ん、1.5ℓよりはマシですが、それでもちょっと力不足かなぁ~って感じ

そしてハイブリッド車はと言うと・・

e-SKYACTIV X
(最高出力190PS/6,000rpm、最大トルク240Nm/4,000rpm)
(モーター出力6.5PS/1,000rpm、トルク61Nm/100rpm)

最大トルクが240Nmあり、モーターもサポートするので、たぶん使いやすいマイルドハイブリッドになっているのでしょう

CX-30を買うとしたらやっぱりディーゼルかハイブリッドですね

価格はディーゼルの2WD(6AT)で288.7万円~306.9万円、ハイブリッドの2WD(6AT)が288.7万円~347.7万円になります

 

と、ここまで書いたことろで・・、公式HPに「※MAZDA CX-30は現行モデルのご注文受付を終了しております。販売再開時期は改めてご案内いたします。」の文字が・・

「え!、何があったんだ!?」

実はCX-30だけじゃなくてMAZDA3なんかも同じように一時販売終了しているらしいのですが、どうも商品改良のためらしいです

「あ~、びっくりした~」

また改良されたモデルが出てくるんでしょうね(さすがマツダ・・凄し!)

 

次に候補になるのが、先日紹介したシトロエンC3エアクロス

1380kgの車体に300Nmのディーゼルエンジンは魅力です!

dfcarlife.hatenablog.com

あとはC3と同じような乗り心地が味わえるかどうか?・・ですね

価格は329.2万円~361.5万円になっています

 

シトロエンと言えば、これも前にご紹介したシトロエンC4

流麗なフォルムと魔法の絨毯を再現した「プログレッシブ・ハイドローリック・クッション」が魅力です!

dfcarlife.hatenablog.com

dfcarlife.hatenablog.com

dfcarlife.hatenablog.com

こちらも1.2ℓガソリンターボと1.5ℓディーゼルターボがありますが、力強さならやっぱディーゼルですかね

1.2ℓガソリンターボも結構いいですけどね(^^;

価格は1.5ℓディーゼル(8AT)で365万円

 

あと以前から気になっているのが、バカ売れのトヨタライズダイハツロッキー)

1.0ℓの3気筒ガソリンターボエンジンは最高出力98PS、最大トルク140Nmなんですが、車両重量が1tちょっとしかないので、結構走りの評判もいいんですよね!

 

また以前はなかったハイブリッド車が追加されています

ハイブリッドは1.2ℓガソリンとモーターになっています
(最高出力82PS/5,600rpm、最大トルク105Nm/3,200~5,200rpm)
(モーター最高出力106PS、最大トルク170Nm)

ハイブリッド仕様も車両重量は1tちょっとなので、これはかなり余裕の走りかも・・

価格は1.2ℓガソリンターボが170.7万円~203.9万円、ハイブリッド車が216.3万円~232.8万円とかなりリーズナブルなお値段になっています

 

そして最近ちょっと気になっているのが、日産キックス

日産が売り出した「e-POWER」で、エンジンで発電し駆動力はすべて電気モーターが担ってるいわゆるシリーズハイブリッドです

要は充電しなくて済む電気モーター車ですから、純EVのような走りが味わえます

 

モーターの最高出力は129PS/4,000~8,992rpm、最大トルクは260Nm/500~3,008rpmになっています

車両重量が1,350kgで260Nmものトルクが踏み始めから出るとなれば、これは相当力強い走りが期待できますね

 

日産がよく宣伝しているプロパイロットなどの先進運転支援装備も満載!

安全性能では最高評価のファイブスターを獲得しています

価格は276万円~311.4万円ですから、EVのような走りと最新安全装備がついてこの価格は結構リーズナブルかも・・

 

いやいや・・

まだ2年後の話なのに、何だかワクワクしてきました!