独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#12 シトロエンC3【救いの神現る!】

なんとその大きな声は、走行車線を走るレッカー車からでした

窓を開けたドライバーさんが「大丈夫か? 乗っけようか!」

私は「えっ!」と驚きながらも「お願いします!」とすぐさま返事を返します

レッカー車はゆっくり路肩まで移動してC3の前に停止しました

 

「どうしたの? 動かないの?」

「そうなんです!エンジンが止まっちゃって・・」

「とにかく高速道路じゃどうしようもないから運んであげるよ」

「あ、ありがとうございます。乗せてもらっていいんですか?」

「いいよ。困ってる時はお互い様だから」

たまたま通り掛かったレッカー車のドライバーが、一生懸命車を押している私を見て、ありがたいことに声を掛けてくれたのでした

啓示を受けた人のイラスト(男性)

運転手のDさん(後から名刺をもらって知りました)はテキパキと荷台に乗せる準備を始めます

ディーラーに事情を話したら、このレッカー車に乗せてもらって大丈夫だそうです

でもこんなことってある?

故障で動かなくなってどうしようか途方に暮れている時に、ちょうどレッカー車が通りかかりわざわざ声を掛けてくれるなんで、もう神様が現れたとしか言いようがありません

C3のラゲッジを開けて、工具トレイから牽引フックを取り出すとフロントバンパーにある蓋を開けてフックを差し込みます

フックにワイヤーを引っ掛け、C3の運転席に乗ったと思ったらワイヤーが動き出します

後から聞いたらリモコン操作で動かしていたとのこと

ゆっくりC3を動かして引っ張り上げたら、今度は荷台が引き上げられていきます

この間、10分程度でしょうか

何と手際のよい仕事ぶり、すごい!

このDさん、実はこれから鶴ヶ島で中古車を受け取って、大黒ふ頭ショールームまで運ぶために関越道を走っていたそうな

「これも何かの縁だから、ディーラーまで送ってくよ!」

「今日の仕事は、このクルマを運んだあとでも間に合うから大丈夫」

「ありがとうございます! 何とお礼を言ったらいいか・・」

あのままディーラーのレッカーを待っていたら、間違いなく高速道路上で2~3時間は待つことになっていたでしょう

C3を載せ終わったころにはすでに渋滞が解消していて、すぐ側を車が猛スピードで走り抜けていました

このままここにいたら、どうなっていたことか・・

万が一のことを考えたらぞっとします

 

奥さんと子供はC3に乗ったまま、私はレッカー車の助手席に乗せてもらって移動することになりました(ホントはダメらしい・・)

レッカー車に乗るのも初めてですが、奥さんたちはなんとレッカー車の荷台の上にいるわけで、後で聞いたら結構揺れて遊園地のアトラクションみたいだったそうです(^^;

このDさん、いつもは板金・塗装・車検整備の仕事をしているそうなんですが、知り合いから頼まれてレッカー移動の仕事も請け負っているんですって

最近は、大雨による水害でダメになったクルマを運ぶ仕事が結構忙しいらしい

水害に遭ったクルマはほとんど使い物にならないらしく、廃車にするしかないそうです

先日もある家でクルマ4台が全部水に浸かって可哀そうだったと話していました

水に浸かった車は発火する可能性もあるので、エンジンを掛けられないそうです

ですからフォークリフトで持ち上げたり、最悪はギアロックしたままでガリガリ引っ張り上げたりすることもあるらしいです

「外車はダメだよ! 電気系統が弱いから…」

「やっぱ車は国産! 特にトヨタが一番だね!」

プリウスなんか満タンで1000㎞走るし、故障はしないし」

「30万㎞走っていても30万円で売れるよ!」

「海外に売るんだよ、すごいでしょ」

「旦那さん! この車、2回も止まったら3回目も絶対あるよ!」

「買い替えた方がいいよ、国産に!」

シトロエンにこだわりがあるの?」

「なきゃ、国産だよ、絶対国産!」

練馬インターまでの間に、神様から一気にまくし立てられました。

神様のイラスト

私には返す言葉もありません

でも本当に今回のことで、このC3には懲り懲りしました

いままで書いてきたように、C3自体は良い車だと思います

でもいまのC3は欠陥車としか言いようがありません

フロア下からカタカタと音がして何だかおかしいなと感じていましたが、やっぱりミッション系か、或いはエンジン自体のトラブルのような気がします

とにかく走る・止まる・曲がるの基本性能がちゃんとしてない車は怖くて乗れません!

たまたまDさんが声を掛けてくれたから良かったようなものの、あのまま高速道路に止まっていたら大惨事になっていたかもしれません

ましてや赤城山の山道で止まったらどうなっていたことか・・(‘’_’’)

ようやくディーラーに到着してC3を降ろしてもらい、ディーラーから代金を受け取ったDさんは再び鶴ヶ島に向かわれました

これからまた大変な仕事があるのに、笑顔で走って行かれました

「Dさん、本当にありがとうございました!」

#11 シトロエンC3【二度目の緊急事態!】

突然エンジンが停止してから約半月、やっとC3が戻ってきました

エンジンの回転数を測っているセンサーを交換したので、まずは大丈夫だろうということで今日は復帰後初のドライブ

ちょうど子供が来ていたので、一緒に出掛けます

行き先は赤城山

榛名山はよく行くのですが、赤城山に行くのは初めてです

季節がいいので混んでいるかもしれませんが、とにかく行くだけ行ってみることにしました

混んでないことを期待しますが、それより肝心のクルマは大丈夫かなぁ・・

回転センサーを交換したとは言え、前回のことが頭をよぎってアイドリングストップからの始動はちょっと緊張します

でもいまのところは問題なし!

「大丈夫そうだね」と私

赤城山なんかで止まったら嫌よ!、大丈夫?」と奥さん

「ちゃんと見てもらったんでしょ?」と子供

「うん、回転センサー交換したから大丈夫だと思うよ」

「今度止まったらもう絶対乗らないわよ!」

「そりゃそうだよ。俺だって嫌だよ!」

そんな話をしながら練馬インターまできて、いざ関越道を高崎方面に向かいます

高速の案内板には坂戸西スマートインターを先頭に10㎞ほど混んでいるみたい

まあ休日ですから、これぐらいは仕方ない

所沢から川越までは流れに乗って100㎞/hほどで巡航します

相変わらず乗り心地は良くて、道路の継ぎ目もしなやかにかわして行きます

渋滞のイラスト

川越インターを過ぎた辺りで少し混んできました

先の車がブレーキを踏んで、ハザードを点滅させています

「ここから渋滞かな?」

「車間に気を付けてね」

「了解!」

坂戸西からこっちはいつも混みますが、鶴ヶ島のジャンクションを過ぎれば、たらたらと流れて行きますからそれほど時間はかからないと思います

右の車線は詰まっているので、真ん中の車線に移ることにしました

混んでくるとみんな追い越し車線に行きたがるので、渋滞した時は真ん中か左車線が鉄則です

本当は左車線が良かったのですが、この先はインターからの合流があるので、真ん中が一番いいかなと・・

でも合流を過ぎたところで徐々にスピードが落ちてきて、やっぱり止まってしてしまいました

アイドリングストップがかかり、一瞬静かになります

ちょっと時間がかかりそうですが、あとは流れに任せて行くしかありませんね

 前の車が動き出して、ブレーキから足を離した時でした

一度エンジンが回る音がしたと思ったら、タコメーターの針がストンと落ちてエンジンがストップ

メーターパネルには赤や黄色の警告灯が一斉に出ています

「嘘だろ!まただよ!」

「またって何!? もしかしてまたエンジンかからないの?」

一度Pポジにして、スタートボタンを押してもダメ、電源を一度切ってから再度ボタンを押しても全くかかりません

「げーっ、この前と同じだよ~!」

後ろの席から子供が「えっ!? どうしたの? 動かないの?」

「かーっ、まいったな」

「どうするの? いやだ・・高速道路だよ!」

「とにかくハザードつけて、脇まで押すしかない!」

「後ろ詰まってるよ・・」

「わかってるよ! 押すから運転代わって!」

「わかった・・ 危ないから気を付けてね」

「うん!」

私の車を避けてゆっくり進む後続車の列に注意しながら、窓枠に手を掛けます

ニュートラルにしてくれる?」

「わかった・・、えっと、どこだっけ?」

奥さんも焦っていて、ポジションがわからなくなっています

「それはRポジションだから、もう一つ引いて!」

「あっ、これね」

「あとサイドブレーキ下して」

「了解・・」

「押すからハンドル左に切って、路肩まで行ったら右に戻して!」

「わかった」

左右のクルマを避けながら、ゆっくりゆっくり進みます

何とか路肩まで来たので、すぐにディーラーに電話します

奥さんも子供も心配そうにこっちを見ています

まさか高速道路でエンジンが止まるなんて、生まれて初めての経験

いままで高速道路で止まっている車を見るたびに、「月一ドライバーはこれだから嫌だよな」なんて言っていた自分がまさかこうなるとは・・

ディーラーと繋がって事情を話しているその時でした

走行車線を走っているクルマから大きな声がします

電話をしながらそっちを振り向くと・・!?

#10 シトロエンC3【原因判明?】

突然エンジンが停止してから半月

やっとシトロエンの整備工場から連絡が入りました

一応修理が完了したので都合の良い時に来てもらいたいとのこと

さっそく取りに行ってきました

シングルボードコンピュータのイラスト

エンジンの停止した原因を聞いたところ、回転数を検知するセンサーが信号をうまく送れないことで、エンジンが停止してしまったとのこと

「回転数センサーの不具合ぐらいでエンジンがストップするの?」

「センサーから送られてくる信号でプラグの点火を制御しているので、これがダメになるとエンジンが動かなくなるんですよ」

昔はディストリビューターでプラグの点火を制御していたのが、今は回転数センサーから送られてくる信号をコンピュータが処理して点火時期を制御しているらしい

なのでこのセンサーに不具合があると点火できなくなるんだとか

ディストリビューターだと構造が複雑で部品も大きかったのですが、センサーだと簡単な構造で小さく、何より消耗しないのでとくに問題がない限り交換の必要はないそうです

って、不具合で出てるじゃん!

でも、いまのクルマはほとんどこれに変わっているんだって

計測器を持つ人のイラスト

今回なんで不具合が出たかはわからないけど、センサーを交換してアイドリングストップからの発進、通常運転と試してみたが問題はないと思うとのこと

「ホントに大丈夫かなぁ? もう奥さんが怖がっちゃって・・」

「絶対に大丈夫とは言えませんが、たぶん大丈夫だと思います」

 

「それから音がしていた件ですが…」

「あー、はいはい」

「新しいショックアブソーバーが早く届いたのでそちらも交換しました」

「それはありがたい! で、どうですか?」

「私どもで何度か走った限りでは、一応音は解消されていると思うんですが・・」

「そりゃ良かった」

「音の方はこれが本当の原因かどうかわかりませんから、しばらく乗って様子を見ていただけませんか?」

「わかりました。直っていることを祈ります」

という訳で、半月ぶりにC3が戻ってきました

ディーラーから帰宅の途につきましたが、エンジンは問題なさそうです

相変わらず力強い加速をします

でも音のほうは完全には直っていない感じ

アクセル戻して空走状態になると、床下あたりから少しコトコト音がします

私はサスじゃなくてミッションの音じゃないかと思うのですが・・

まだ、無事帰還とまではいかないようです

でも整備のひとが気づかないということは、ほかのC3でも当たり前のようにこの音がするのかも

「オレが気にしすぎなのかなぁ?」

「それともまだ3000km弱だから、当たりが付いてないってやつ?」