独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#24 やっぱBMWの方がお得!?

 

以前シトロエンC3の車検代が高いんじゃね?っていう記事を書きましたが・・

dfcarlife.hatenablog.com

今回BMW420GCの車検(5年目)があったので比較をしてみたいと思います

 

ではさっそく・・

これがBMWの見積明細書なんですが・・

 

点検整備・代行手数料が80,080円

車検法定費用が54,410円(これは入庫時に現金払い)

 

その後サービスさんから連絡があって、「交換が必要な部品はほとんど無くて、発煙筒の交換とバッテリー充電だけです」ってことで、プラスが約2,000円

 

ワイパー交換・ウォッシャー液補充・エンジンオイルとフィルター交換・ブレーキオイル交換はメンテナンスパックに入っているので今回は無料(タダ)です

 

あとはこのメンテナンスパックをあと2年延長するかどうかですが、延長パックには1年後の定期点検と2年後の車検時点検が入っています(ワイパー交換は除く)

 

「これは間違いなくお得です!」とサービスさんが言うので、これだけは入ることにして49,000円

 

ってことでBMWの5年目車検合計金額(消費税込み)は・・

点検整備費用 80,080円

車検法定費用 54,410円

部品交換費用   1,936円

延長パック代  49,000円

合計      185,426円 という結果でした

 

C3の車検代はどうだったかというと・・( )はBMW比較

点検整備費用 81,675円(+1,595円)

車検法定費用 46,810円(-7,600円)

部品交換費用 21,120円(+19,184円)

延長パック代    0円 ※加入の場合は+35,200円

合計     149,605円 でした

 

C3も2年延長のメンテナンスパックに入っていたとしたら184,805円になりますからBMWとほぼ同額になりますが、法定費用がBMWより7,600円安いはずだからやっぱり割高ですよね

 

それとBMWの3年目車検の時は延長パック代なしの点検整備費用8万円だけで済んだので、やっぱりC3よりも2万円は安かったはずです

 

BMWは新車時に5年間のメンテナンスパックに入っていたのですが、いくら払ったかは定かではありません(たぶん10万円ぐらいだったような・・)

 

しかし今回のBMWの延長メンテパックを見てみると、1年目点検時の消耗品交換と2年目車検時の消耗品交換が入って49,000円、一方C3のメンテパックは1年目と1.5年目の点検とオイル交換1回分で35,200円

 

5年目車検時にはまた20,000円以上の消耗品交換代がかかるとすると実質55,000円以上払うことになり、BMWの方が6,000円以上もお得ということになります!

 

やっぱ整備費用に関してはBMWの方がお得ですね!

それとBMWの方がお得感の出し方がうまい!

 

支払う額はあまり変わらなくても、車検のように大金を払う時には少しでも無料(タダ)のモノがあると人間得したように感じるものなんです

 

シトロエンのメンテナンスパックはもう少し高くてもいいから、車検までしっかりサポートするようなモノに変えた方がいいかも・・

 

それにしても車検ってお金かかりますね・・

5月は自動車税も払ったから、全部足したら20万円越えです・・

2台で約40万円・・

とほほ・・

#29 憧れの2シータースポーツ

 

一応クルマ好きの男子としては2シーターのスポーツカーっていうのに一度は乗ってみたいと思うもの

 

でも家族持ちの身としては趣味でセカンドカーを持てるぐらい金銭的余裕があるか、もしくは家族の理解がないとなかなか乗れないのが現実です

 

高速道路のSAでポルシェやフェアレディZが停まっているとついつい羨望の眼差しで見てしまうのですが、乗っているドライバーは私と同年代かそれより上の人が多いような・・

 

「やっぱり若い時はなかなか乗れなかったんだろうなぁ・・」なんて勝手に思ったりして・・、でも憧れの2シータースポーツに乗れるなんて何て羨ましい!

 

私たちもすでに子供が巣立って夫婦二人だけとはいえ、さすがに2シーターでは日頃の使い勝手が悪すぎる!

 

まだフーガに乗っていた頃、日産ディーラーでフェアレディの展示車をまじまじと見ていた時も・・

「買わないわよ!こんなクルマ!」と奥さん

「そ・そうだよね・・」

 

子供や孫たちを送り迎えするにも、ちょっと大きな荷物を積むにも、帰省した時に親と出掛けるにも、4ドアセダンなら何とかなりますが2シーターではどうしようもない・・

 

でも最近・・

すでにC3(一応セカンドカー)がある今なら・・

そんでもってお値段手頃な2シーターなら・・

もしかしたら奥さんを説得できるかも!?・・なんて思い始めたわけです

 

C3は子供が免許を取ったら譲るという条件で、なんとか奥さんを説得して買ったクルマ

dfcarlife.hatenablog.com

 

娘はまだ免許を取っていませんが、あれから子供が増えて何かとクルマが必要になってきたらしく、そろそろ譲る(私にとっては手放す)時期が来ています

 

手頃な2シーターと言えばライトウェイトスポーツということになりますが、今はそんなに選択肢がないんですね

 

スープラやフェアレディは2シーターですが、そもそもライトウェイトとは言えない重量だし、価格だって500万円オーバーからじゃ話になりません

 

いま国産車で選択するとすれば、マツダロードスターダイハツコペンぐらいしかなさそうです

    

でもこの2台なら2シーターオープンなので、私にとっては願ったり叶ったりです!

だって2シーターもそうなんですが、オープンカーも一度乗ってみたかったから・・

 

そう言えば先日行ったばかりの白川郷にも富山ナンバーのロードスターのチームが来ていましたが、みんなカスタマイズしててカッコよかったなぁ~

 

もう居ても立っても居られなくなって、まずはロードスターからオンライン見積りをやってみることにました

 

ちなみにロードスターにはソフトルーフだけじゃなくハードルーフ版もあるんですね

ハードルーフのロードスターRF

ハードルーフは自動開閉でリア部分が残るタイプです

 

開閉動画はこちら

youtu.be

 

こちらはソフトトップ版のロードスター

リアルーフの辺りがRFとは少し違いますね(私はRFの方が好みかも・・)

 

こちらの開閉は手動ですが、座ったままでも簡単に操作できるそうです

こちらはフルオープンにできます!

RFはソフトトップ版より出だしから50万円以上高いので、まずはソフトトップ版で見積りシミュレーションをしてみることにしました

 

選んだのは「S Special Package」のAT仕様

メーカーオプションでセイフティパッケージを選択しただけであとは素のままです

諸経費込みで332万円という結果でした

う~ん、ちょっと微妙な値段ですね・・

 

ここで気づいたのですが、通常のロードスターは1.5ℓエンジンなのですが、RFは2.0ℓエンジンなんですね(そりゃ高くなりますわ・・)

 

ちなみにRFでも見積りシミュレーションをしてみると、オプションなしの諸経費込みで372万円でした

 

1.5ℓエンジンのロードスターとは40万円差

う~ん、これまた微妙です・・

 

続いてダイハツコペン

選んだのはローブという車種で、これもオプションなしの素のまま価格です

諸経費込みで194万円

軽自動車としては結構な値段ですが、これなら何とかなりそうですね

 

ただロードスターの時もそうでしたが、カスタマイズアクセサリーがたくさん揃っていて、自分らしいクルマにしたいならドンドン値段が上がりそう・・(^^;

いざ買うとしたら絶対オプション付けたくなりますよね・・たぶん・・

 

ところでこのコペン、ルーフをオープンにしなければトランクにゴルフバッグ(1本)が入るんですね

またルーフオープン時にも小さなバッグなら収納可能です

 

またルーフの開閉は電動!

 

開閉動画はこちら

youtu.be

いや~、めちゃいいじゃないですか!

 

MTは無理(奥さん)なのでCVTを選択することになりますが、7速スーパーアクティブシフト付CVTはSモードで有段自動変速に切り替わるし、マニュアルシフトチェンジではシフトダウン時にブリッピングもするんだとか・・

いやいや、これは一度試乗する価値あり、ですね

 

この2台はライトウェイトスポーツだけあって、ロードスターが1,050kg、ロードスターRFが1,130kg、コペンに至っては870kgですからワインディングなんか走ったら気持ちいいでしょうね~

 

勝手な妄想はますます広がって、思わずにやけてしまいます!

#28 白米千枚田~白川郷合掌造り(2/2)

能登うしつ荘の夕食と部屋から見える能登湾を堪能した翌日

この帰省旅の最後の立ち寄り場所、白川郷の合掌造り集落に向かいます

 

実は白川郷にはかなり前に一度行ったことがあるのですが、富山五箇山集落や福島大内宿との記憶がごちゃ混ぜになっていたので、今回は改めてその記憶を整理するのと、記録(ブログ)に残すことが目的です

 

のと里山海道」の徳田大津インターに向かう途中で能登湾をパチリ!

凪のようにおだやかな海です

 

徳田大津インターから「のと里山海道」を南下し、米出インターで降りて国道471号を小矢部方面へ向かい、国道8号から能越道の福岡インターに向かいます

 

能越道に乗ったらそのまま東海北陸自動車道に向かって一直線!

その先はほとんどトンネルだけなので、白川郷を目指してガンガン南下します

 

白川郷に着くと、以前と違って集落のメインストリートに入れなくなっていました

一般車は川向こうの専用駐車場に案内されて、歩いて橋を渡って集落に入ります

係の人に聞いたら、以前は集落内の駐車場に停められたのが、世界遺産に登録してからは集落への乗り入れが禁止になったんだとか・・

世界文化遺産ですから仕方ないですね

 

橋を渡るとおなじみの合掌造り集落が現れます!

 

連休の中日とは言え、まずまずの人出です

 

天気は今一歩ですが、奥には立山連峰が・・

 

昔の山村集落の風景がここにあります

 

メインストリートを歩いていると・・

ちょうど展望台行きのマイクロバスがいたので乗ることにしました(片道200円也)

 

これが展望台からの眺望です

若葉に囲まれた合掌造り集落

みんなここに暮らして、この集落を守っているからすごい!

 

左手の坂道を降りていくと、集落の真ん中あたりに帰ってきました

「あらら!意外に近いのね」と奥さん

「でもあの坂を登るのは結構大変だよ!」

 

お土産屋も合掌造り

 

小さな水車小屋も合掌造り

 

お寺?も合掌造り?

 

と思ったら、そうじゃない家もあったりして・・

 

でも生活感があるのもいいじゃないですか・・

日本を代表する世界文化遺産です!

数十年ぶりの白川郷でしたが、やっぱりいいですね

白米千枚田と合わせて、いい世界遺産旅になりました

 

帰路をナビで検索すると、来た道を戻って北陸道~長野道~関越道を推奨したのですが、これを無視して南下することにします

 

白川郷から東海北陸自動車道を南下すると、美濃関JCT東海環状自動車道と接続してるんですね・・し、知りませんでした

東海環状自動車道|岐阜国道事務所|国土交通省 中部地方整備局 (mlit.go.jp)より

 

これで土岐まで行って中央道に乗ろう(ナビの案内通り)と思ったら、まっすぐ方向に新東名の案内が・・

 

「このまま真っすぐ行けば新東名に出るみたいだよ」

「じゃあ新東名に行こうよ!」

ってことで豊田東JCTまでひとっ走り!

 

最初のナビでは夜11時着だったのですが、連休中日で渋滞が無かったこともあって、結局夜の9時には自宅に帰ることができました

 

いや~、久々の帰省旅を存分に楽しむことができました!