独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#27 マツダCX-5

 

前回、後輩のマツダ3に乗せてもらった感想を書きましたが・・

dfcarlife.hatenablog.com

 

今回もマツダ話の続きです

実はうちのマンションに真っ赤なマツダCX-5に乗っている人がいます

その方は、それまでは同じマツダビアンテに乗っていたのですが、今年の始めに乗り換えをしたんだそうです


マツダビアンテ

子供さんが小さいころはやっぱりミニバンが良かったんでしょうが、子供たちも大きくなって使い勝手の良さより趣味を楽しめるクルマに替えたってところですかね

 

ところでこのビアンテマツダのハイルーフミニバンとして2008年に登場したのですが、2017年にこれ一代限りで生産終了したクルマです

 

マツダにはルーフの低いMPVプレマシーはありましたが、トヨタのボクシーやニッサンセレナ、ホンダのステップワゴンのようなハイルーフのミニバンが無かったことから、プレマシーのプラットフォームを使ってルーフを高くしたのがビアンテでした

 

座席が乗用車のように低いことから大きな窓を配置して視界を良くしたり、低いボンネットから高いルーフに繋げるために切れ長のヘッドライト(歌舞伎顔)を採用したりといろんな工夫が施されていたそうです

 

しかしその後マツダばミニバン市場からの撤退を決め、プレマシーなどと一緒にビアンテも生産終了となりました

 

売れている市場に合わせてクルマ造りをしていたマツダから、独自の走りとデザインで売っていくマツダに変わった、そのきっかけとなったクルマかもしれませんね

 

さてCX-5の話に戻りますが、ミドルクラスのSUVとしては結構大きいんですね

そのオーナーさんが言うには立体式駐車場の長さがギリギリなんだそうです

 

入庫するところを見せてもらうと、確かに立体駐車場の前部分の隙間がほとんどない!

前のミニバンの方が大きい気がしたんですが、そちらの方がまだ余裕があったんだとか・・

 

よく聞いたらフロント(ボンネット)が結構長いんだそうです

そうなのかな?と思ってスバルのフォレスターと比べてみると・・

マツダCX-5

スバルフォレスター

 

確かにフォレスターよりもキャビンが後ろよりになっていて、リアオーバーハングが短くてスタイリッシュな分、前方向の長さが結構あるのかもしれません

 

そう言えばランドクルーザープラドに長年乗っていた後輩がクルマを買い替えるときにCX-8を検討したらしいのですが、立体駐車場に入らなくて諦めたらしいです

 

彼が言うには、高さは問題なかったけどやはりフロントが入らなかったんだとか・・

これからCX-5を検討する方は、タイヤ止めのある立体駐車場はちょっと注意した方が良いかもしれませんね

 

でもその分スタイリッシュなフォルムで私は好きなクルマのひとつです

でも武骨系が好きな人にはちょっと物足りないかもしれません

 

とは言え、本格的なオフロード走行もしっかりこなすオフロードモードが付いています

 

オーナーさんは釣り好きのようですから、今度からは気兼ねなくどこへでも行けますね

youtu.be

(オフロード・トラクション・アシストもついているから、どんな山奥でも安心!)

 

あと、もっと個性的にしたいなら・・こんな仕様や

 

こんな仕様を選ぶこともできます

 

内装はマツダ3と同じくシンプルだけど高級感に溢れています

 

エンジンは3種類

SKYACTIV-D 2.2(2.2Lクリーンディーゼルエンジン

最高出力    147kW〈200PS〉/4,000rpm
最大トルク    450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm
WLTCモード燃費(国土交通省審査値) 2WD 17.4/19.5km/L、4WD 16.6/18.7km/L

 

SKYACTIV-G 2.5(2.5Lガソリンエンジン

最高出力    140kW〈190PS〉/6,000rpm
最大トルク    252N・m〈25.7kgf・m〉/4,000rpm
WLTCモード燃費(国土交通省審査値) 2WD 13.8km/L、4WD 13.0km/L

 

SKYACTIV-G 2.0(2.0Lガソリンエンジン

最高出力    115kW〈156PS〉/6,000rpm
最大トルク    199N・m〈20.3kgf・m〉/4,000rpm
WLTCモード燃費(国土交通省審査値)  2WD 14.6km/L、4WD 14.0km/L

 

各エンジンのスペックを見てもらえばわかるとおり、余裕のパワーと強大なトルクを持つディーゼルエンジンがおすすめでしょう!

 

吹かすとディーゼルって感じですが車内にいる限りはまったく気にならないし、マツダディーゼルは回転数の上昇とパワーの出方がパラレルなのでガソリンエンジンみたいであまり違和感がありません

 

マツダ車オーナーでもないのになんで知っているかと言えば、マツダさんにはCX-3ディーゼルとガソリン、CX-5ディーゼルとガソリン、そしてCX-30にも試乗させてもらったから・・

 

CX-5の時はまだ2.5Lガソリンターボを搭載したモデルがあって、それにも試乗させてもらいました

 

このエンジンは北米仕様のCX-9に搭載されていたエンジンで、最高出力は230㎰、最大トルクが420Nm

最大トルクは2000回転で発生させる低回転型ターボだったので、重い車体が軽く感じるぐらい運転しやすかったのを覚えています

 

変なターボラグもないし、アクセルを強く踏み込むと車体が少し浮くような感じでグワーッと加速します

いまはラインナップから外れてしましましたが、あれがまだあったら私も検討していたかも・・

あっ、それはシトロエンC3で十分味わえるから大丈夫か・・

 

でもいまのマツダは本当に素晴らしいクルマを提供していますね

ミニバンから乗り換えるのなら、一度マツダのディーラーを覗いてみるのもおすすめです!