独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#34 C3のセンターパネルに異常発生!?(1/2)

最近はC3にばかり乗っていて、BMWに乗ることはほとんどありません

週末、二人で出かける時はほとんどがシトロエンC3

BMWは奥さんが買い物に行く時か、子供たちの送り迎えをするときだけです

 

今日のお昼ご飯は「武蔵野うどん竹國」に行くことにしたのですが、やはりC3で出かけます

    f:id:dfcarlife:20210911114323p:plain

竹國 武蔵野うどん (takekuni.jp)

 

この時にまたまた問題が発生しました!

C3のタッチスクリーンが再起動を何回も繰り返すんです

   f:id:dfcarlife:20210911115738j:plain

 

具体的には、エンジンを掛けてしばらくすると画面が真っ黒になり、ラジオの音声が一瞬途切れたかと思うと、スタート時のシトロエンのロゴが出て・・、これを数分おきに繰り返すという具合

 

試しに、前にみんカラ情報で知った「♫マークの長押し」をすると、真っ白なENGINEERING MODEという画面になり、この画面でOKボタンを押すと元の画面に戻って、それ以降は再起動しなくなりました  

「やれやれ・・」

 

「大丈夫なの? また止まったりしない?」

アイドリングストップはずっとキャンセルされてるから、大丈夫だよ」

 

「ホント~?」

そうこうしているうちに「竹國」に着いたので、まずは腹ごしらえです

 

私は「鶏つけ汁」、奥さんは「甘辛つけ汁」です

お互いにシェアしながら、美味しくいただきました(^^♪

 

今日は天気も上々、このまま帰るのも何なので「榛名山に行ってみようか?」と提案してみると・・

「いいわよ!」と奥さんはすんなりOK

 

じゃあということで、エンジンを掛けて行先を「榛名山」にセットします

 

動き始めてまた何度か再起動を繰り返しましたが、先ほどのように「♫マークを長押し」してENGINEERING MODEでOKすると再起動が止みました。

 

「もう、今度ディーラーに聞いてみてよ!」

「わかった・・、聞いてみる」

いつまで経っても問題を起こすC3です(^^;

 

所沢インターから関越道に入りましたが、日曜の午後なのでめちゃ空きです

ご飯を食べたあとで奥さんがうとうとしている隙に、ちょっとだけアクセル踏み込みます(^^;

 

真ん中の車線を普通に走っていたのですが、ちょっとアクセルを踏み足すとグイグイ加速します

 

前方車両との間隔が詰まってきたので、右車線に出て更にアクセルを踏み足します

追い抜く時はかなりの速度差で、一気にパスして走行車線に戻ります

 

「いやいや、こりゃ気持ちいい!」

加速感と安定感は、正直コンパクトカーに乗っているのが嘘のようです

 

段差のいなしも何とも言えず、継ぎ目を乗り越えた時の応答は快感に近いものがあります

 

直進安定性は速度が増すごとに上がって来て、もっと踏み込みたくなるほど

たぶん限界域の180km/hでも、不安に思うことはないんじゃないかな(^^;

 

渋川伊香保インターで降りたら、伊香保温泉に向かって登りが続きます

かなりの勾配がありますが、とにかくC3はそんなこと関係ないように登って行きます

 

「高速、結構飛ばしたでしょう~」

「あれ? 寝てなかったんだ・・(^^;」

 

「寝ててもわかるわよ!」

「・・・」

 

ちょっと喉が渇いた・・ので、山道を登る前にコンビニに寄ることにしました

お茶を買って走り出すと、また再起動の繰り返しが・・

 

「まただよ・・」

「もう!本当に大丈夫?」

 

「まあ・・また直ると思うけど、面倒だね」

そのまま、榛名山へのワインディングに向かいます

 

この道は「頭文字D」にあるとおり、連続カーブが続く坂道です

なかなかキツイ坂道ですが、C3は難なく登って行きます

 

頂上を超えて、真っすぐな直線道路を下ると榛名湖が見えてきます

 

ここまで来るとハンドル操作が楽になるので、また「♫マークを長押し」しました

すると今度は真っ黒な画面になり、こんな文字が・・

 

「UPDATE please wait,software update will start shortly・・」

「何これ?」

 

日本語だと「お待ちください、ソフトウェアのアップデートが間もなく始まります・・」ってな感じですが、アップデートが始まる気配は一向にありません

 

「ちょっとエンジン切ってみよう」

榛名湖の駐車場に停めて、クルマから降りて一度ロックしてみることに・・

 

前にディーラーで、ロックして5分ぐらいするとコンピュータの電源が落ちてリセットされると聞いていたので試してみます

 

人があまりいないので辺りは静か・・

風に揺れる木々の音だけが聞こえます

 

エンジンを切って、ロックして待つこと5分

ロックを解除して、スタートボタンを押すとまたさっきの文字が・・

 

「だめじゃん!?」

「う~ん、困ったね」

 

「どうするの?」

iPhone外して、もう一回やってみようか?」

 

今度は接続していたiPhoneを外して、エンジンを掛けなおしてみました

するといつものシトロエンのオープニング画面に・・

 

「直った~(*_*;」

「もう、イライラするわね」

 

「・・・」

どうもこのタッチスクリーンはiPhoneとの相性が良くないみたい

 

そう言えばiPhoneを持ってない時や、アダプターに繋いでない時は、このような再起動も起きない気がします

 

榛名湖はちょっと寒いし、タッチスクリーンも直ったので、早々に来た道を帰ります

 

帰りは関越が事故渋滞だったので、嵐山小川インターで降りて川越街道で帰ることにしました

 

まあ、まだお腹もいっぱいだし、のんびり帰ります

帰りは何も異常は起きませんでした

 

何と気まぐれなC3・・

タッチスクリーンには悩まされたけど、走りは楽しめたから「まっ、いいか!」

 

dfcarlife.hatenablog.com