独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#1 ドライブログ【箱根・湯河原その1】

今回はシトロエンC3を買って初の遠乗りです(^^♪

f:id:dfcarlife:20210506171945p:plain

行先は箱根・湯河原

高速道路とワインディングでC3の乗り味を試しながら、久々の湯河原で奥さんとゆっくり過ごす一泊二日の旅です

東京インターまでは環八通りを南下するのですが、いつも軽く1時間はかかるのに今日はそれほど混んでいません

「いや~、これならすぐに東名に乗れるねぇ」

「天気が悪いからじゃない!」

「そうだね‥(^^;」

「たまには泊りで行こうか!」と私が言い出したのに、この日はどんより曇り空

これではせっかくの箱根・湯河原も雨かもしれません

「まあ景色はダメだけど、旅館でゆっくりできるから‥(^^;」

「そうね‥」

 

納車になったばかりのシトロエンC3、1.2ℓエンジンですが低速からトルクがあり、サスのストロークが長いのでコンパクトカーに乗っている感じがあまりしません

エンジンは吹かすとガラガラいうし遮音性だって良くないのですが、乗り心地だけを見るともっと大きな車に乗っているみたい

一般道を走っていてもスピードコントロールが自在で、まったくストレスがありません

ハンドルが軽めでドライビングポジションが高いのもストレスフリーの要因かな

そうこうしているうちに東京インターまできました(^^♪

グッとアクセルを踏んで本線合流です

「うーん‥」

それなりに加速しますが、「おっ!」というようなパンチのある加速ではありませんね

決してトロイわけではありませんが、一気に先頭に立つような加速じゃない

グイグイと引っ張られるようにスピードが出る感じと言うか‥、なかなか面白い加速感です

そして気が付くと結構スピードが出ていて、前のクルマがどんどん迫ってきます

「なるほど、こういう感じか…」

それと一般道では軽かったハンドルが、ビタッと収まってきて軽く手を添えているだけでまっすぐ走ります

変わると言えばサスペンションも‥

下道ではボディが揺すられるほど柔らかく感じたサスが、高速ではボディ下だけがしなやかに動いて上屋は驚くほどフラット

「これが、あの魔法のじゅうたんってやつ?(^^;」

エアサスでもないのにそれはあり得ませんが、大袈裟に言うとそんな感じです

継ぎ目を通る時も「バタッ」や「ドカッ」という強い入力ではなく、「ストン」という軽いショックがあるだけであとは何もなかったかのように走り抜けます

「どう?シトロエンの乗り心地?」

「う~ん、結構いいんじゃない」

乗り心地にはうるさい奥さんにここまで言わせるとは大したもんです(^^;

そんなC3に二人で感心しつつ、厚木から小田原厚木道路に進みます

 

伊勢原インターまで来たので一旦高速を降りて、予定よりちょっと早いのですが昼食にしたいと思います

昼食は前に一度来たことがある伊勢原の「和膳照國」っていう和食処

平日はリーズナブルな海鮮ランチをやってるんです

奥さんは「アボカドと海老サラダ&マグロ漬け丼」、私は「おまかせ炙り丼」

今日の夜は旅館の部屋食(たぶん豪華)ですから、お昼は早め軽めにします(^^;

 

話は変わって、このC3はナビが付いていません

オプションでナビを付けることは可能なのですが、今回アップルカープレイ対応になったので、アップル地図やGoogleマップを使うことにしました

カップホルダーの上にあるUSBにiPhoneをつなぐとすぐにディスプレイにアップルメニューが現れます

まだ慣れないので目的地やルートの設定など使いづらいところはありますが、何とか目的地までは行けるのでまずはこれで良しとしています

 

さて伊勢原から小田原厚木道路に戻って、いざ真鶴へ

真鶴道路から一般道に降りると、狭い海岸沿いの道をゆっくり進みます

岬の駐車場は空いていて、停まっているいるクルマは数台だけ

C3を停めて、ケープ真鶴の脇を通って岬の先端に着きました

いや~、やっぱり海はいいですね、心が洗われます

「どうせだから下まで降りてみようよ」と奥さんが言い出したので、くねくねした階段坂を下まで降りてみます

ようやく海岸までたどり着くと目の前に三ツ石が見えます

ここも人はまばら‥(^^;

潮騒の音を聞きながらゆっくり海を眺めるのも久しぶりです

しばらく海を眺めてから、さっき降りてきた階段を今度は登ります

やっとの思いで駐車場に戻った時には足がガクガク、しばらく車に乗ったまま回復するのを待つ始末

「く~、これしきで情けない(+_+)」

「体重落とさなきゃね(^^;」と奥さんが一言

ようやく足が回復したので、湯河原へ移動です