独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#3 シトロエンC3紹介【走行編】

前回は内装を紹介しましたが・・

 

dfcarlife.hatenablog.com

 

今回はシトロエンC3の走りについて紹介したいと思います

 

まずは市街地

 

ハンドル操作が軽いです(前回も言ったけど・・)

駐車場や狭い交差点では操作が楽で、ちょっとした買い物やお出掛けには最適です

 

乗り降りも楽です

シートポジションはやや高めですが、シートに余計なでっぱりがないのでお尻を滑らせる感じで乗り込めます

 

乗り心地はいいです!

シートは硬すぎず柔らか過ぎず、サスのしなやかさと相まってコンパクトカーとは思えない乗り味です

荒れた道や段差も、地上高が16cmもあるので安心です

 

加速はかなりいいです

軽量なのと低速トルクがあるのでグイグイ加速します

決して爆発的な加速ではありませんが、ちょっとクセになります(^^;

 

前進時の小回りは得意じゃないです

最小回転半径5.5mはコンパクトカーとは思えない数値です

 

後退時はよく曲がります(当たり前ですね・・)

全長が短い分、バック時は思ったより小回りできます

f:id:dfcarlife:20220304172358p:plain

全長が4mないので、駐車場は停めるのが楽です

軽専用スペースでも問題なく駐車できます

 

エアバンプは狭い駐車場では思った以上に安心です

ドアパンチも気になりません

 

前方見切りはアイポイントも高く意外に良いです

交差点での右折時に横断者がよく見えるので安心です

 

でも後方の見切りは良くありません

バックカメラで注意しながらゆっくりバックする必要があります

 

次は高速道路

 

料金所からのゼロ発進はそこそこですが、パンチはありません

ただ気が付くと結構スピードが出ているのでビックリします

 

エンジン音もガラガラと大きくなりますが、スムーズにスピードは乗っていきますので合流は全く問題ありません

 

追い越し加速は意外に力強く、グイグイと前に出る感じでストレスを感じません

 

アイシン製のATはちょっと踏み込んだぐらいではキックダウンしないのですが、これがまたクセになります(^^;

 

ハンドルは高速になるほど座りが良くなって、びっくりするぐらい直進安定性に優れています

アイポイントが高いことと相まって非常に安心感があります

 

カーブも意外と踏ん張ります

インター出口のきつめのカーブでもしっかり曲がってくれます

FFなのでアンダーが出そうですが、意外に大丈夫です

 

高速道路のうねりや凹凸はうまくいなしていきます

これには一番驚きます

 

ブレーキは結構効きます!

強く踏むとノーズダイブしますが、それほど怖い感じはありません

 

ただハンドルを切りながらの強いブレーキでは、後輪が跳ねるような動きが出てちょっと怖い思いをします

 

最後にワインディング

 

登り勾配もしっかり登っていきます

パンチが効いた加速はしませんが、どこからでもグイグイ登っていきます

 

登りカーブでハンドルを切りながらアクセルを踏むと、フロントが浮くような感じで加速していきます

 

下りはATの変速がうまくて、適度にエンジンブレーキが効くのでブレーキを踏む時間が短く感じます

 

カーブ手前でブレーキを踏むとグッと沈みこみますが、そこからはしっかり粘ってくれます

 

ブレーキの効きがかなりいいのと、サスがよく動く割に踏ん張ってくれるので、慣れてくるとカーブが怖くなくなります

 

このクルマは下りのワインディングが一番得意かもしれません

 

以上のことから、C3の走りをまとめると・・

 

重厚感があるわけではない、静粛性も高くない、たまに後輪が跳ねたりする

 

爽快に回るエンジンでもないし、吹かすとガラガラ音がするし、ATも決して滑らかとは言い難い

 

でも、ずっと運転していたいと思うクルマなんです

なんだか不思議な魅力を持ったクルマです