独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#39 バンパーを塗ってみよう!(2/2)

 

dfcarlife.hatenablog.com

 

フロントバンパーのペイントで太ももが死んでから1週間、ようやく足が復活しました

「ホント、加減を知らないんだから」と奥さんが言う通り、もう歳なんだから無理をしちゃいけません

 

さて今回はリアバンパーを塗りたいと思います

 

リアバンパーにはフロントバンパーのようなスカート部分がないので、バンパーの真ん中にある凹んだ部分をカラーリングすることにしました

 

f:id:dfcarlife:20211208084621j:plain

ここにはバックソナーが4か所あります

 

センサー部分は塗装できませんが、逆にビスを打ったみたいになるからいいか!ってことで、早速マスキングです

 

フロントの時もそうでしたが、マスキングは境目のライン出しが一番難しい!

何度も貼り直しをしながら、やっと周りをマスキングすることができました

 

時間はかかっても、結局仕上がりはこれで決まりますからね(^^;

   

あとはマスキングシート付のテープを上と下に貼って、ボディとタイヤの防塵です

 

さて、マスキングが終了したら吹き付け作業ですが、その前に脱脂をします

これも忘れちゃだめな作業です(とにかく下準備が大事)

 

さてさて、吹き付け開始です!

前回フロントで液だれしましたから、今度はうまくやりたいと思います

 

まずはサーッと人吹き

ほとんど色が変わりませんが、我慢、我慢・・

 

しばらく待って、表面が乾くのを待ってから、またひと吹き

根気のいる作業です(^^;

 

とにかく最初はほとんど色付きしません

だんだんと面倒くさくなってきますが、ここで短気を起こすとまた液だれします

面倒くさくても、我慢、我慢・・

 

最初は5~10分間隔で吹き付けしていたのですが、色が乗り始めると2~3分で表面が乾いてくるので、だんだんスピードが上がってきました

 

ようやくフロントに近い色合いになったところで、ちょうどラバースプレーが無くなってしまいました

 

仕方がないのでここで塗装作業は終了!

マスキングテープを剥がします

 

でも、ここでまた問題が・・

 

時間をかけて慎重にスプレーしたのはいいのですが、今度は塗装が固まってしまってマスキングテープを剥がした時に、境目がギザギザになってしまったのです

 

マスキングテープを剥がす前に、デザインカッターで切り目を入れておけば良かった・・

f:id:dfcarlife:20211207132641p:plainうーん、後悔先に立たず

 

ただ最初に気づいて良かった

 

あとの部分はカッターで切り込みを入れてから剥がしたので何とかうまく行きました

やれやれ・・

   f:id:dfcarlife:20211208090929p:plain

近くで見ると粗さがわかりますが、5mほど離れるとそれほど目立ちません

まあ、70点というところでしょうか

 

赤のラインが入っただけで、またちょっと雰囲気が変わります

やってダメなら剥がそうと思ったのですが、そう悪くありません(^^;

 

バックソナーの部分が黒くビスのように見えるのも、思ったとおりのイメージです

これで前後バンパーの塗装は終了です!