独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#17 BMW420の走行モードを調べてみた!(3/3)

 

dfcarlife.hatenablog.com

 

今回は帰省で片道550kmを一気に移動するので、BMW420GCの走行モードを思う存分試してみたいと思います

 

朝5時に家を出発したので環八は空いていて、ほどなく東京インターに着きました

さあ、ここからはずっと高速一本です

 

先日書いたように420GCで高速に乗ると必ずSPORTSモードにしていたのですが、今回はCOMFORTで走ってみることにしました

 

結論から言うと全く問題ありませんでした

って言うか、逆にリラックスできて良かったかも・・

  リラックスする人のイラスト(若者・男性)

確かにアクセルレスポンスは悪くなりますが、トルクがあるのでイライラするような場面はほとんどないし、反応が鈍い分アクセル操作が楽!

 

東名に入っても道路は順調で、厚木、大井松田、御殿場とノンストップで走り抜けます

 

私はよくC3が高速向きだと書きますが、こうやって420GCで長距離を走ってみると、その駆動力と安定感はやっぱり凄いと感じます

 

大井松田から左右ルートに分かれると登りカーブが連続しますが、フラットで安定した旋回性とカーブの途中からでも加速できる安心感はBMWならではです

 

御殿場を過ぎて新東名に入ると、更に車が減ってホントに気持ちよく走れます

今まで走った中で、ここの路面の良さは断トツです

 

100km/h以上で流していると、まるで氷の上を滑っているような感じ

路幅も広いので体感速度が鈍り、ちょっと油断するとすぐに130km/hぐらいになってしまいます

 

420GCはスピードが増すごとに道路に吸い付いたような感じになるので、ますますスピードが上がってしまいます(限界まで出したくなる気持ちをグッと抑えます)

 

C3の直進安定性とふんわりした乗り味も快感なのですが、地面に吸い付くようなフラット感とスムーズな加速は、C3では味わうことができない感覚です

f:id:dfcarlife:20210928222624j:plain

途中休憩を挟んだり渋滞も少しあったりしましたが、昼には実家に到着しました

 

朝5時に出てちょうどお昼に到着しましたから、550kmを7時間、平均時速80km/hで走ったことになります

 

いままでの最短記録は6時間半だったので、昼間の移動にしてはかなりの好成績(^^♪

 

実家に帰った時はいつも洗車をします

マンション暮らしだと水道がないので洗車も苦労するんですよね(^^;

 

シャンプーなど使わないただの水洗いですが、ホースで思いっきり流せるだけでも気分がいいんです

 

ざっと汚れを落として拭きあげた420GCを眺めていると、そのスタイルに見とれてしまいます

マンションの駐車場だとあまり感じないのですが、改めて見るとルーフが低い!

f:id:dfcarlife:20210928224022j:plain

最低地上高はそれほど低くないのですが、ボディ全体が低いので地面に張り付いたような感じは「good」です

 

そのせいかもしれませんが、車体が実際の数値よりコンパクトに見えます

この適度な塊り感もいいんですよね。

 

そしてリアの踏ん張り感がまた何とも言えずいいんです(^^;

f:id:dfcarlife:20210928220042j:plain

これは3シリーズや5シリーズとは違うところ(好き嫌いはあるかもしれませんが・・)

 

新型スカイライン400Rもいいのですが、スタイリングは絶対に420GCの勝ち!

思わず見ていてにんまりしてしまいます

 

実家には2泊して今度は東京に帰ります

この日は実家を9時前に出発!

 

帰りも往きと同じルートのつもりだったのですが、小牧JCTの手前から渋滞してたので、名古屋高速に乗り替えて伊勢湾岸道に逃げることにしました

 

知多自動車道への分岐で多少混んでましたが、伊勢湾岸道からは順調です

豊田JCTから新東名に入り、今度はECO PROを試すことにしました

 

これも結論から言うと、なかなかいいと思います

 

BMWのECO PROモードには、一定速度以上でアクセルを戻すとATが勝手に駆動系への伝達をカットするセーリング機能があります

 

これが働くと、クルマはアイドリング状態のまま滑走します

 

エンジンブレーキが効かなくなるので運転しづらいと思ったのですが、そんなことはありませんでした

 

燃費が良くなるのは当たり前ですが、アクセルオフでもすぐにスピードが落ちないし、ちょっとした下り坂ではずっと同じ速度で走ることができます

 

何だかゴムタイヤのトロッコに乗っているような、ちょっと不思議な感覚です

このセーリング機能は、アクセルを踏むか、ブレーキを踏むと解除されます

 

アクセルの場合はちょっとだけ深く踏み込む必要があるので、スピードが落ちきる前に踏まないとちょっとギクシャクするかもしれません

 

セーリング機能が作動するとエンブレが効かないので、前車との距離が意外に早く詰まってしまうことがあります

 

なので、早めに(余裕を持って)アクセルオフにするか、ACCと併用するのがおすすめです(というかACCを使う時はECO PROモード一択ですね)

 

そんなことを試しながら御殿場まで一気に来てしまいました

大井松田辺りから混んできて、海老名から大和トンネルまではいつもの渋滞です

 

でも家についたのが夕方5時でしたから、8時間ちょっとで帰ることができました

 

往路まではいきませんでしたが、平均時速65km/hならまずまずです(^^;

その後給油したら、31.4Lでしたから、燃費は17km/L

これもまずまずではないでしょうか

 

結構ハードな日程でしたが、久々の長距離ドライブでいろいろと試すこともできて、個人的には満足な帰省となりました