独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#22 遠乗りまではまだ遠い(2/2)

 

dfcarlife.hatenablog.com

 

前回、千葉方面に菜の花でも見に行こうとしたら、奥さんから遠乗りの許可が下りず、やむなく都内の公園に梅を見に行くことになったのですが・・

 

それも出かけよう準備している時に、「エアバッグかシートベルトプリテンショナーに異常」の文字が出て焦ったことを紹介しました

 

あれからまだ、奥さんには内緒ですが・・

 

すぐディーラーに電話するのも何だったので、気を取り直して何度かエンジンを掛けなおし、3度目にやっと警告マークと警告音が出なくなったのでした

 

ちょっとヒヤッとさせる出来事でしたが、いまのところあの警告は出ていません

 

それから2週間が経ち、今度こそ遠乗りに出かけようと私は意気込んでいました

 

目的地は熱海

 

奥さんから「熱海桜が満開らしいよ!」と聞いて、絶対に行こうと決めていたのです

 

BMWで行くかC3で行くか言っていませんでしたが、私がC3で遠乗りしたがっていることは奥さんも承知しています

 

これでやっと遠出できる思った矢先・・、新型コロナで世界中が大騒ぎになってしまいました

 

「あまり人が集まる場所には行きたくないね」と奥さん

 

「そうだね・・、今回は大人しくしてようか」と私

歩きながらお花見をする人のイラスト(マスクあり)河津桜には間に合うかな?」

 

「まあ、間に合わなければまた別を考えようよ」、てなことで、今回も遠出はお預けとなりました

 

でも、それじゃつまらないからと思いついたのが谷保天満宮

 

f:id:dfcarlife:20220227160044p:plain

http://www.yabotenmangu.or.jp/image/logo.jpg

 

梅見の神社として有名らしいのですが、今まで一度も行ったことがありません

 

 

よろこび勇んで、C3を出す準備をしていた時でした

 

突然バックモニターが映らなくなったのです

f:id:dfcarlife:20220227160216p:plain「えっ!なに?」

 

バックモニターにはタイヤラインが出ているだけで、それ以外は真っ黒クロスケ

肝心の映像がまったく映りません

 

前回のようにエンジンを何回か再始動しても、症状が変わる気配はなし

 

「かーっ、これじゃ奥さん、もう行かない!ってなるよー」

 

 

部屋に戻り、奥さんに事情を話すと・・

 

「またなの・・、どうするの?」

 

「とにかくディーラーに電話してみるよ」

f:id:dfcarlife:20220227160415p:plain「まったくもう・・」

 

ディーラーに電話すると、今からでも点検できるとのこと

ディーラーに近い場所でお昼を食べてから、とにかく見てもらうことにしました

 

これじゃ谷保天満宮もお預けになりそう・・

 

クルマに戻り、エンジンを掛けてバックに入れると画像が出たじゃないですか!

 

「直った・・」

「何なの? もう・・」

「何なんだろう?」

 

結局、ディーラーについた時には正常に戻っていました

 

「一応コンピュータ診断をしてみますね」

「よろしくお願いします」

 

10分ほどして整備のひとが言うには、特にエラーは出ていなかったとのこと

画像を飛ばしているので、何かの要因で電波を感知しなくなった可能性があるようです

 

エンジンを切って5分ぐらい経つとコンピュータの電源も落ちるので、再始動でリセットされて元に戻ったようです

 

「エンジンとかに影響しないかな?」

「これはエンジンに関係するコンピュータとは全然とは違うので大丈夫です」

 

「前に2回も気絶してるからね・・、気が気じゃないんだよね」

「そうですよね・・すみませんでした。でも今回はエンジンには問題ありません」

 

「わかりました、また何かあったらお願いします」

「承知いたしました」

 

でも、リアカメラの映像って有線じゃないんですね、初めて知りました

 

これもコスト削減のため?

今一つ納得がいきませんが、谷保天満宮に向かうことにします

 

 

谷保天満宮国道20号甲州街道)の脇にあります

国立インターに向かう交差点を過ぎると、次の交差点が谷保天満宮の入り口です

 

割に大きな駐車場に入ると、駐車場は満車でした

でもしばらく待つと空いたので、C3を停めてお参りです

 

古い佇まいの神社で、周りは結構うっそうとしています

 

ここにはニワトリがたくさんいます

youtu.be

チャボでしょうか、朱色の鶏たちが木にたくさん留まっているので、初めて見る人はちょっとびっくりすると思います

 

本殿の脇の札所には親子連れがたくさん並んでいました

受験のイラスト「合格絵馬」 そう、ここは学業の神様なんですね

 

そう言えば、いまは受験の真っ最中でした(^^;

 

本殿入り口には牛が横たわっています

f:id:dfcarlife:20220227160845p:plain

みんなが撫でるので鼻の辺りがピカピカです

 

本殿の周りを見て歩くと、「明治時代に作られたガソリン車のタクシー、タクリー号」が保管されていました

 

f:id:dfcarlife:20220227161229p:plain

何でこんなところに?(理由はよくわかりません)

 

本殿とは反対方向に歩いていくと、結構大きな梅園があります

 

白梅と紅梅がありましたが、日当たりのよい場所にある梅しか咲いていませんでしたが、それでもかわいい花を見ると心が和みます(^^;

 

今年も早いもので、もう2月です

 もうしばらくすれば桜の季節になります

 

春が待ち遠しい・・

 

帰りは高速を使うことにしました

国立インターから高井戸までですが、久々の高速走行です(^^;

 

クルマが結構いてスピードは出せませんでしたが、相変わらずの安定感でした

 

プチドライブでしたが、梅を見て高速も走れたので、気分が少し良くなりました

次は絶対に遠出したいと思います!

 

それまでもう二度とトラブルが起きないことを祈って・・