独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#21 遠乗りまではまだ遠い(1/2)

C3が戻ってきて二週間が経過しました

 

先週奥さんと近くのスーパーまで買い物に行ってから一週間が経ち、今日は都内の公園に梅を見に行くことにしました

 

私は千葉方面に菜の花でも見に行きたいと思ったのですが、遠乗りはまだ奥さんのOKが出ません(^^;

 

その前に一応ガソリンを入れて、軽く洗車をします

 

この時、試しにサイドミラーに貼っていたダイソーのくもり止めフィルムを剥がしました

f:id:dfcarlife:20220227161814p:plain

 

最初は「言われれば確かに水滴がつかないかなぁ」という感じで、雨の日はまあまあ重宝していましたが、夜走るときにシート部分が乱反射してすごく見づらいんです

 

貼り方が雑だったんですかね、まあ、元々100円で買ったのでそれほど期待はしていませんでしたが・・

 

雨の視認性対策はなかなか難しいですね

 

超音波や熱線がついた車もありますが、私の経験上ではどれも今一歩という感じです

 

一番いいのは親水コートをこまめに塗ることです

 

さて、洗車が終わり一度駐車場に入れなおそうとした時でした

 

エンジンをかけてしばらくすると、ピロロン・・ピロロン・・とあの嫌な警告音がします

 

メーターパネルには黄色いエアバッグのマークが・・

 

ディスプレイを見ると、「エアバッグシステムかシートベルトプリテンショナーに異常があります」の文字・・

 

「おいおい・・嘘だろう」

 

またディーラーに電話する羽目になったのかと落胆すると同時に、このことを奥さんに言ったら、「もう絶対乗らない!」ってなるに違いないと更に落ち込みます

 

BMWでもエンジン始動後しばらくはマークが出ていることもあるからと、気を取り直してエンジン再始動してみます

 

2度目も同じだったのですが、3度目にやっと警告マークと警告音が出なくなりました

 

「いやー、良かった~」

 

「ヒヤッとさせるなよ!」

 

「でも大丈夫かなぁ?」

 

恐る恐る駐車場に入れてエンジンを切ってからもう一度かけてみますが、今度は大丈夫のようです

 

本当にいつまで経っても不安が拭えないC3です

    とぼける人のイラスト(男性) 

とりあえずこのことは奥さんには黙っていよう

 

ということで、何もなかったように梅見にでかけました

 

今回もアイドリングストップはキャンセルしてます

 

実は今回Yahooカーナビをインストールしたのでこれを試してみることにしました

Yahoo!カーナビアプリ画面イメージ

いままでGoogleマップをナビとして使っていたのですが、アップルカープレイにするとなぜか画面がチープになるんですよね

 

それと「いやに細い道を選択することがあるな」と思っていたら、Googleマップは徒歩の案内も行うためクルマが通れないような道を選択することがあるとか・・

 

そう言うわけでYahooナビを使ってみることにしたんです

 

最初は携帯で直接見るしかないと思っていたのですが、試しにケーブルで繋いでみるとアップルカープレイでも見ることができました

 

Googleマップより使い勝手は良さそう

 

今日の目的地は足立区の大谷田公園

マイナーですが、隠れた梅スポットだそうです

 

Yahooナビで一般道を設定すると環七ルートになりました

高速は混んでいるようですが、環七は空いていて気持ちよく走ることができました

 

C3の走りは本当に独特です

 

6ATがどんどんシフトアップするので、コンパクトカー特有の出だしのパンチ力はありませんが、2速・3速の加速がグイグイ盛り上がる感覚です

 

それでいてサスが柔らかいので、まるで大排気量の車に乗っているみたい

立体交差を登るときも、坂の途中からグイグイ登ります

 

途中の段差もストンと何気なくかわし、ゆったりとした気分になるから不思議です

 

たまに後輪が跳ねて初めてコンパクトに乗っていることに気づきますが、コンパクトカーなのにコンパクトカーらしくないクルマ

 

たぶんこんなクルマは日本車にはないと思います

 

ライズやソリオも加速はいいみたいですが、恐らくこの乗り味ではないと思います

 

ハンドルはかなり軽いのですが、一般道でも車が真っすぐ進みたがっているのがしっかり伝わってきます

 

直進安定性の良さをこの速度で感じるんですからさすがです

 

いろいろ問題が多い困ったちゃんですが、乗れば乗るほどにC3の走りに魅了されていく自分がいます

 

多少浮気をされても離れられなくなる愛人みたいなもんですね

もっともっと走りたくなる、そんな不思議なクルマです。

 

結局大谷田公園に梅は咲いていませんでした

仕方がないので、とりあえず「くるまやラーメン」に向かいます

 

ここのラーメン、チェーンながら月に一度は食べたくなるんですよね

 

ラーメンを食べながら「この調子だとどこも咲いてないね」と奥さん

「そうだね・・仕方ないから帰り道に新宿御苑行ってみようか?」

 

最初はほかの梅見処(隅田公園亀戸天神)に行くつもりだったのですが、結局ラーメン食べに来ただけになりました

 

食べ終わって蔵前橋通りを都心に向かっていきます

 

途中で靖国通りに乗り替えて市ヶ谷方面に向かい、防衛省を過ぎて富久町を左折するとすぐに新宿御苑に突き当たります

 

大木土門入り口の左側にパーキングがあるので、そこに停めることにしました

 

入り口で入場券を買いますが、パーキングチケットを見せると入園者割引になります

 

東京には数十年いるのに新宿御苑は初めてです

奥さんなんか産まれてからずっと東京なのに、来たことがないそうです(^^;

 

大木土門の入り口から入ると園内の案内パンフレットが置いてあるのですが、見ると結構大きな公園でびっくりしました

 

風景式庭園

 

案内にはスイセンロウバイ、寒桜など冬の花が咲いている場所が記してありました

 

公園内は結構な人がいます

 

花や鳥の写真を一生懸命撮っているひと、公園内を散策しているカップル、ランニングをしているひと、子供と一緒に広場で遊んでいる家族連れなど・・

 

外人さんが結構多いのにも驚きました

白人、黒人、アジア系のひと・・さすが新宿ですな

 

冬の公園内はやっぱり殺風景で、広葉樹はほとんど葉がついていません

 

木々が多くて陽の光が当たらないせいもあるのでしょうが、先ほどまでいた下町よりも寒い気がしました

新宿御苑マップ

 

公園内を一周して大木土門に近づいた時に、人だかりができているので何だろうと見に行くと、少しですがロウバイと寒桜が咲いていました

 

薄黄色のロウバイは三分咲きと言ったところでしょうか

寒桜は小さい花弁を付けた花が五分咲きほどでした

 

寒々しい景色の中だったので、人だかりができるのも頷けます

 

帰りはそのまま靖国通りに出て、新宿の大ガードをくぐり青梅街道に出ます

道はそれほど混んではなく、順調に家まで帰ってきました

 

今日は何事もなく無事帰り着くことができました。(今朝のトラブルは内緒です)

 

今度はぜひ遠出をしたいと思いますが、とにかく奥さんが遠乗りをOKしてくれるまで、近場でこつこつと実績を重ねて行くしかありませんね

 

長い道乗りかもしれませんが、それまで何事も起きないことを祈ってます