独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#28 白米千枚田~白川郷合掌造り(2/2)

能登うしつ荘の夕食と部屋から見える能登湾を堪能した翌日

この帰省旅の最後の立ち寄り場所、白川郷の合掌造り集落に向かいます

 

実は白川郷にはかなり前に一度行ったことがあるのですが、富山五箇山集落や福島大内宿との記憶がごちゃ混ぜになっていたので、今回は改めてその記憶を整理するのと、記録(ブログ)に残すことが目的です

 

のと里山海道」の徳田大津インターに向かう途中で能登湾をパチリ!

凪のようにおだやかな海です

 

徳田大津インターから「のと里山海道」を南下し、米出インターで降りて国道471号を小矢部方面へ向かい、国道8号から能越道の福岡インターに向かいます

 

能越道に乗ったらそのまま東海北陸自動車道に向かって一直線!

その先はほとんどトンネルだけなので、白川郷を目指してガンガン南下します

 

白川郷に着くと、以前と違って集落のメインストリートに入れなくなっていました

一般車は川向こうの専用駐車場に案内されて、歩いて橋を渡って集落に入ります

係の人に聞いたら、以前は集落内の駐車場に停められたのが、世界遺産に登録してからは集落への乗り入れが禁止になったんだとか・・

世界文化遺産ですから仕方ないですね

 

橋を渡るとおなじみの合掌造り集落が現れます!

 

連休の中日とは言え、まずまずの人出です

 

天気は今一歩ですが、奥には立山連峰が・・

 

昔の山村集落の風景がここにあります

 

メインストリートを歩いていると・・

ちょうど展望台行きのマイクロバスがいたので乗ることにしました(片道200円也)

 

これが展望台からの眺望です

若葉に囲まれた合掌造り集落

みんなここに暮らして、この集落を守っているからすごい!

 

左手の坂道を降りていくと、集落の真ん中あたりに帰ってきました

「あらら!意外に近いのね」と奥さん

「でもあの坂を登るのは結構大変だよ!」

 

お土産屋も合掌造り

 

小さな水車小屋も合掌造り

 

お寺?も合掌造り?

 

と思ったら、そうじゃない家もあったりして・・

 

でも生活感があるのもいいじゃないですか・・

日本を代表する世界文化遺産です!

数十年ぶりの白川郷でしたが、やっぱりいいですね

白米千枚田と合わせて、いい世界遺産旅になりました

 

帰路をナビで検索すると、来た道を戻って北陸道~長野道~関越道を推奨したのですが、これを無視して南下することにします

 

白川郷から東海北陸自動車道を南下すると、美濃関JCT東海環状自動車道と接続してるんですね・・し、知りませんでした

東海環状自動車道|岐阜国道事務所|国土交通省 中部地方整備局 (mlit.go.jp)より

 

これで土岐まで行って中央道に乗ろう(ナビの案内通り)と思ったら、まっすぐ方向に新東名の案内が・・

 

「このまま真っすぐ行けば新東名に出るみたいだよ」

「じゃあ新東名に行こうよ!」

ってことで豊田東JCTまでひとっ走り!

 

最初のナビでは夜11時着だったのですが、連休中日で渋滞が無かったこともあって、結局夜の9時には自宅に帰ることができました

 

いや~、久々の帰省旅を存分に楽しむことができました!