独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#11 国産車を考える(1/2)

今日はC3でプチドライブに出かけようと思います

行先は「府中市郷土の森博物館

園内マップ

府中市郷土の森博物館|公益財団法人府中文化振興財団 (fuchu-cpf.or.jp)

 

ここに彼岸花曼珠沙華)が咲いているという情報を聞きつけ、奥さんと見に行くことにしたのです

 

・・と、その前にまずは腹ごしらえ

行く店は「江戸前天丼 はま田」

f:id:dfcarlife:20220307175549p:plain

天丼専門店「江戸前天丼はま田」公式サイト (arclandservice.co.jp)

以前から近くにあるのは知っていたのですが、食べに行くのは今日が初めて

店は結構混んでいて、席に案内されるのに30分程待ちました

 

ようやく案内されてメニューを見ます

江戸前天丼1,500円、上天丼1,300円、天丼1,000円、バラ天丼1,000円、そのほかに定食と、そばのセットもあります

 

この店はあの「かつや」グループなんですね

ちょっと贅沢な天丼屋って位置づけみたい

 

確かに写真を見ても、丼に溢れんばかり天ぷらが乗っけられています(^^♪

でも、そんなに食べられないし・・

 

ってことで、私は普通の天盛り定食、奥さんはバラ天丼を注文しました

    居酒屋・飲食店の店員のイラスト

目の前の厨房で上げているのは、いかにもバイトさんって感じの女の子たち

ネタは全部カットされたものが運ばれてきて、衣を付けたら油鍋に入れていきます

 

その隣には鍋から上げる子がいて、その横には盛り付け係がいてという具合で、流れ作業になっています

 

混み合っていて揚げたて熱々じゃなかったけど、まあこんなもんでしょう

それと普通の天丼、定食で正解でした

 

これ以上のものを頼んだらお腹にもたれて大変でした

まあ、たま~に天ぷら食べたくなったら使えそうです

 

五日市街道から調布方面に曲がったら、まっすぐ東八道路へ向かいます

街中を流れに任せて走っているだけなのですが、なぜか気持ちいい!

 

「なぜなんだろう・・、いままでの国産車では感じたことのないこの感覚」

頭にクエスチョンマークを浮かべた人のイラスト(男性)「何が違うんだろう・・」

 

豪華な装備が付いている訳でもない

ナビも付いてないし、内装なんか国産車の方がよっぽど高級感がある

 

でも、乗っていて気持ちがいい!

もっと走っていたい気持ちになる

 

「う~ん、クルマの基本性能の違い?」

いわゆる「走る、止まる、曲がる」がよく出来ているってこと?

 

そんなことを考えていたら、調布飛行場まで来ました

 

このまま20号を突き抜けて、多摩川沿いの道をどんどん行けば「府中の森公園」に着くはずです

土手には散歩をしている人が結構て、のどかな休日の風景に心が和みます

 

C3は結構エンジン音はうるさいし、車外からの音も入ってきます

後席の居住性も良くないし、荷室も決して広くはない

 

ワイパーはチープで、動きも安っぽい

シートは布製だし、ポジション調整は全部手動

 

ヘッドライトはいまさらのハロゲンランプだし

樹脂が多くて、いかにもコストかけてないのがアリアリです

 

そんなチープさ満点なのに、運転すると何とも気持ちのいい瞬間があるんですよね

 

段差を乗り越えた時の、柔らかい突き上げとしっとりした収まり感

高速道路を走った時の、惚れ惚れするような乗り心地

 

低中速からアクセルを踏んだ時の、グイグイと引っ張られるような加速感

まるでハンドルが意志を持っているかのような直進安定性

 

ワインディングでは、トルクのあるエンジン、粘るATとサスペンション、1tちょっとの軽い車重がマッチして、登りも下りもホントに気持ちがいい!

 

この感激を一度味わうと、もっともっと感じたくなるんですよね(^^;

だんだんと理由わかってきた頃、両側に公園が見えてきました

 

結構大きな公園で、家族連れがたくさん遊んでいます

目の前に物産館が見えてきて、そこが無料の駐車場になっています

 

誘導のおじさんに従って、空いている場所にすんなり停めることができました

彼岸花はどこに咲いてるのかな?」

「とりあえず公園の方に行って見ようよ!」

 

公園に向かおうとするとさっきの誘導のおじさんが、「ドアの横に付いてるのは何なの?」と尋ねてきました

f:id:dfcarlife:20211107165633p:plain

私がエアバンプを叩きながら、「これはキズ避けのゴムですよ」と言うと、「あっ、そういうこと・・」とおじさん

 

これも国産車にはあまり付いてないですね(輸入車にもないけど・・)

 

公園に入ると芝生の広場や蓮の池があり、その周りでは子供たちが思い思いの遊びをしていました

 

その先には体育館と屋外プール

f:id:dfcarlife:20220307180836p:plain

プールの先は交通公園になっていて、チンチン電車(都電)やバス(KEIO)、蒸気機関車(D51)が置いてあり、その先にはゴーカート場まであります

 

f:id:dfcarlife:20220307181322p:plain

  

「いろんな施設があるんだね」

「ホントね、でも彼岸花はここじゃ無いみたい」

 

「そうだね、博物館に戻ってみよう!」

道路を挟んで、公園の反対側が博物館の敷地になります

 

敷地に入ると右手に立派な博物館があり、ここでプラネタリウムや映画を上映していました

f:id:dfcarlife:20220307181426p:plain

左手には、かつて府中の街にあった商店や民家、学校?のような建物が並んでいます

その脇を通って奥へ行くと、季節の花が咲いている庭園に入っていきます

 

庭園に入って少し歩くと写真を撮っている人が集まっていて、そこには真っ赤な彼岸花がたくさん咲いていました

f:id:dfcarlife:20220307182309j:plain

 

彼岸花は全部赤い色だと思っていたのですが、白もあるんですね

f:id:dfcarlife:20220307182933p:plain


この庭園には他にもたくさんの草花が植えられており、四季ごとに楽しめそう

池の周りには紅葉もあったので、もう少ししたら紅葉狩りもできそうです

 

dfcarlife.hatenablog.com