独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#9 浜松(2/6)

 

dfcarlife.hatenablog.com

 

さて、天気がいいので周りの風景を見ながら走っているうちに、もう浜松西インターまで来てしまいました

 

時間はちょうど12時で、予定より1時間早く到着です

料金所をくぐったら早速最初の目的地に向かいましょう!

 

向かうは「炭焼きレストランさわやか浜松高丘店」

f:id:dfcarlife:20220302130910p:plain

げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやか (genkotsu-hb.com)

 

ここがインターから一番近い店なんです

料金所からは真っすぐに大きな道を進み、途中で左折して住宅街を抜けると・・

 

ありました!

さっそく駐車場に入ろうとすると警備員さんが来て,

 

「いま駐車場待ちの車が40台ほどいるんだよね」

「えっ!40台?」

 

「いま大体80分待ちなんですよ」

「うわっ、そりゃダメだわ」

 

確かにちょうどお昼時だし、めちゃ混みです

それもほとんどが県外ナンバー

皆考えることは同じですね(^^;

 

「なんで、別の店を案内させてもらってるんだけど…」

「どこですか?」

 

「車で15分ぐらいのところにもう一軒あるんですよ」

と電話番号と店の名前が書いてあるメモを渡されました

 

お店は浜松富塚店

ここから直線距離で2~3キロ離れています

 

「いま来たお客さんもそっちに行ってもらったんだよね」

「そっちだとそれほど待たないと思うよ」

 

「わかりました。行って見ます」

「気をつけて!」

 

「ありがとう!」

まあ時間は十分あるし、とにかく行って見ましょう!

 

案内された浜松富塚店はすぐにわかりました

こっちは駐車場に空きがあり、すぐに停めることができました

 

「どうなることかと思ったけど良かったね」

「でも結構待ってる人いるよ」

 

「ホントだ。でも仕方ないね」

店に入ると早速順番待ちの用紙に名前を書きます

 

呼び出しの女の子がいて、今だと大体40分待ちだとのこと

「さっきの80分よりはマシだね(^^;」

「でも待っている間に油臭くなりそう…(*_*)」

 

店内はお肉を鉄板で焼くにおいが充満していて、あたりはもやっています

奥さんは臭いが気になってどうも乗り気じゃなさそう(^^;

 

さわやかでハンバーグ以外を食べてみるという記事 – 笑い男の映画批評

メニューを見るとまず牛肉100%のげんこつハンバーグ(250g)とおにぎりハンバーグ(200g)がどんっと載っています

 

これがこの店の看板料理なんですね(^^;

 

ただこんなに食べられないので170gの手づくりハンバーグにします

奥さんは「和風ハンバーグでいいわ」と早くこの店を出たそう(^^;

 

先ほどの女性はずっと待ち客の対応をしています

待ち客数の確認や呼ぶ順番の調整など、かなり手慣れた感じです

たぶんいつもこんな感じで混んでるんですね

 

受付のところにこの店のHPの案内があったのでアクセスすると、各店の現在の待ち時間を見ることができました

さっきの高丘店は100分待ちになっていました(^^;

 

ようやく呼び出しの声が掛かって、席に着きます

 

待っている間に決めていたとおり、私は手づくりハンバーグとライス

奥さんは和風ハンバーグとサラダ

さてどんな感じなんでしょう?

 

お肉はよく焼きますかと聞かれたので、二人とも「はい」と答えたら牛肉100%なので少し硬くなりますが・・とのこと

 

二人で顔を見合わせて「それじゃ普通で」と返事します

 

しばらく待つと、料理が出てきました

ジュージューと音を立てている鉄板が置かれ、紙のクロスを立ててソースをかけてくれるとジューっと湯気が上がります(^^)/

 

「美味しそうだね」

「うん(^^♪)」

 

ようやく話題のハンバーグにありつけます

切り分けると中にまだ赤身の部分があり、ミディアムといったところでしょうか

 

食べてみると意外に硬めです

やっぱり牛肉100%だからでしょうか、弾力があります

 

これは格別といった味ではありませんでしたが、私は待たされた分お腹が空いていて美味しくいただきました

 

奥さんは硬めのハンバーグが不満だったようで、

「私はあんまり好きじゃないな・・」

店内の臭いから始まって、終始否定的な感じです(^^;

 

店を出る時もまだ待っている人が大勢いて、店内はずっと満員状態でした

奥さんから聞いたのですが、子供たちも「さわやか」のことはよく知っていて、

「いいな!いいな」と羨ましがっていたそうです

 

「どうだった?」

「うーん、並んで待って食べるほどのお店じゃないね」

 

「そっか、俺はまずまずだったけどね」

「もっと柔らかいかと思った」

「確かにね、牛肉100%だからだろうけど、ちょっと硬めだったね」

 

実家に帰った時に妹にも話したら、やっぱり不評でした

 

「あれならブロンコビリーの方がよっぽどいいわよ!」と妹

「そうよね!」と奥さん

 

女性陣の評価は厳しい!

 

でも自慢のげんこつハンバーグは食べてないですしね

地元じゃ本当に人気のある店のようです

もう一度行ってみようかな

 

さて、次は浜松に来た目的地へ向かいます

 

dfcarlife.hatenablog.com