独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#4 BMW420GC紹介【内装編】

 

前回は外装の紹介でしたが・・

 

dfcarlife.hatenablog.com

 

今回は内装の紹介になります

 

ただ・・はっきり言って、ベンツCクラスやアウディA5だけでなく、ジャガーXE、アルファロメオのジュリアなどと比べても決して豪華とは言えません

 

f:id:dfcarlife:20220304233023p:plain

せめてもう少し高級車然としたらと思うのは、評論家さんと同感です(^^)/

最近のクルマはこれでもかっていうほど豪華仕様にしてますから益々差が開きます

 

4シリーズも私のモデル後にフェイスリフトを行い、ヘッドライトをLEDにしたり、メーターパネルをフル液晶画面にしましたが(当時)、それでもまだまだ追い付いていないというか、輸入車Dセグメントの内装戦争は熾烈です

f:id:dfcarlife:20220304223539p:plain

いまのモデルはどこもデジタルメーターですが、私のは昔ながらの赤いアナログメーターです(^^;

 

エアコンの吹き出し口もいたってシンプル

 

操作は非常にわかりやすく、一気に冷やしたい時はMaxボタンを押せばOK

f:id:dfcarlife:20220304231557p:plain

ちょっと暑い、ちょっと寒いときは吹き出し口の赤青ダイヤルで調整します

これ、意外と使い勝手がいいです(こう言うのはさすがBMW

 

 

メモリー機能付パワーシートを装備しております。

シートの調整はすべて電動で、2人までポジションを記憶することができます(まあこのクラスなら普通ですが・・)

ちなみに前席は左右ともシートヒーターがついています

 

オルガン式のアクセルとハンドルのチルト&テレスコピック調整でドラポジは取りやすいと思います

 

f:id:dfcarlife:20220304231937p:plain

シフトノブは電気式で、左に倒せばスポーツモードになります

ただし私のはラグジュアリーなのでパドルシフトはついていません(^^;

 

f:id:dfcarlife:20220304232037p:plain

サイドブレーキは手動式(いまどき?)

これはBMWのこだわりですかね(^^;

 

ナビ画面は横広で見やすく、前方視界を邪魔しないようにセットされています

ただ、サイドブレーキ横にあるダイヤルで操作するのは慣れが必要です

f:id:dfcarlife:20220304232137p:plain

というか、はっきり言ってこれはタッチ式の方がいい!

 

目線をできるだけ移動させずに操作できるってのはわかりますが、走りながらやることってそんなにないですからね

 

 グローブボックスは普通です

ドアポケットが意外に大きいのは、ショルダーバッグを持っている私は助かります

 

カップホルダーは2個、その奥にちょっとモノを置けるスペースがあります

f:id:dfcarlife:20220304232300p:plain

 

アームレストを開けると小物入れがあり、USBジャックもあります

f:id:dfcarlife:20220304232428p:plain

まあ特段の工夫や豪華さはありませんが、最低限の機能は備えていますね

 

後席は車高が低く、またクーペスタイルなので、決して広いとは言えません

f:id:dfcarlife:20220304232623p:plain

座面が低いので頭は天井に当たりませんが、その分乗り降りに苦労します

膝前も広くはありませんが狭くもない、まぁこれは許せる範囲でしょう

 

ラゲッジルームは意外と大きいです

f:id:dfcarlife:20220304232753p:plain

ハッチがガバッと開くので、出し入れはしやすいです

横幅は広くありませんが、奥行きは結構あるのでそれなりに荷物は入ります

 

ゴルフバッグはコンパクトなタイプなら9.5インチでも斜めにすれば積むことができますが、台座がしっかりしたツアー仕様だともう入りません(^^;

 

その時は後席を倒すしかないですね

 

ハッチは電動です

 

ハンズフリー機能もあるので、両手で荷物を抱えた時は便利ですが、いまはこれも当たり前の機能になってますね(^^;

 

ということで、BMW420iの内装に豪華さは一切ありませんが、必要な機能はしっかり備わっています

 

まさに質実剛健なドイツ車って感じです