独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#1 愛車(セダン)を選ぼう!【ジャガーXE】

数年前のこと、国産車をだいたい5年サイクルで乗り換えてきた私が、ある新聞広告にくぎ付けになりました

それは…、ジャガーXEの広告

f:id:dfcarlife:20210511175821p:plain

そのスタイルのなんとエレガントなこと(^^♪

いままで輸入車なんて全く圏外だったのですが、このジャガーXEを見た途端に心を奪われてしまいました

もう居ても立っても居られず、まずはネットで試乗の予約です

そのころは、輸入車なんてまじまじと見たことも乗ったこともありません

もう予約するだけでワクワク、ドキドキ…

奥さんには「乗るだけ!輸入車ってどんな感じか試してみるだけだよ」って…(^^;

いざディーラーに行って実車を見ると、その流麗なスタイリングはいままでの国産車にはない何とも言えない雰囲気があります

用意してもらった試乗車にワクワクしながら乗り込むと、まずドアを閉めた瞬間の重厚感に思わずビックリ!

その時乗っていた国産車も確かに重厚感はありますが、それよりもっと分厚く重い感じ!

目の前のハンドルもガッチリしていて、かなり重めの印象です

まずはセールスさんから基本操作の説明が…

ジャガーXEはシフトノブがダイヤル式になっていて、エンジンを始動させるとそれがウィーンと飛び出してきます(当時)

ワイパーとウィンカーは国産車と左右が逆です

意識して間違えないようにしないとダメですね

メーターは260km/hまで表示

国産車の180km/hに見慣れている私には、文字が詰まって見えます(^^;

いざ走り始めると、そのトルクフルなことにビックリ!

「す、すごい!」

このジャガーXEは2.0ℓ直4ターボで、最高出力は200㎰ですが、最大トルク320Nmを低回転で発生させるエンジン(当時)で、低速から体がグッと持っていかれる感じです

直線でぐっと踏むと「うわっ、速い!」

一般道でも十分速いのがわかります

ハンドルは重めですが、クルマ全体がしっかりして国産車とは全然違うガッチリ感

それとブレーキが「よく効くーっ!」

試乗が終わって帰宅する時には、自分のクルマのブレーキがやけに不安になってしまいました(^^;

 

今回の試乗では一般道をちょっと乗っただけでしたが、国産車との違いが嫌というほどわかりました

奥さんはと言うと、

「今のクルマより乗り心地が硬い!」

「シートの幅が狭い!」

ダッシュボードの先が飛び出してて足に当たる!」と不満ばかり

結局ジャガーは試乗しただけで終わってしまいましたが、この試乗をきっかけに欧州車への興味が200%にハネ上がったのでした(^^;