独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#5 袋田の滝

 

dfcarlife.hatenablog.com

 

竜神大吊橋を見たあと向かった先は、今回の宿泊先、常陸大子(ひたちだいご)のホテル奥久慈館

f:id:dfcarlife:20220302153207p:plain

ホテル奥久慈館【公式サイト】奥久慈大子温泉旅行 - 伊東園ホテルズ (itoenhotel.com)

 

スマホのナビが距離優先なのかアップルラインという道を案内します

結構狭い道で、アップダウンがあります

 

本当にこの先に旅館あるの?って感じで心配になりましたが、何とか無事に到着できました(^^;

 

この奥久慈館はご存じ伊東園ホテルのグループで飲み放題バイキングのホテルです

 私ども、結構「飲み放題バイキング」が好きで、いろいろとほかにも行ってます(^^;

 

ここは初めてですが、かなり安価なプランなのであまり期待はできませんが‥

見た目はちょっと古びた昔ながらのホテルです

 

目の前が駐車場になっていて、着いたら案内係の方が誘導してくれます

 

料金は先払い、食事は2部制で団体さんがいるので17時半からお願いしますとのこと(^^;

「こんなに早く夕食とったことないね・・(^^;」と言いながら部屋に向かいます

f:id:dfcarlife:20220302153443p:plain

 

部屋は増築した場所で、フロントからもお風呂からも一番遠いところにありました

 

食事は混み合うかなと思ったらそれほどでもありませんでした

食事はまあこんなもんでしょう(^^;

f:id:dfcarlife:20220302153608p:plain

伸び放題のお酒は生ビールと地酒、サワー系

海鮮ものは今一歩でしたが、鶏の炊き込みごはんと軍鶏カレーは美味しかったです

 

お風呂は空いていたので、ゆっくりお湯に浸かってくつろぐことができました

朝は男女入れ替え制になっていて、前日の風呂場より小さめでしたが、露天風呂はこっちのほうがゆったりできたかな

 

朝ごはんも昨日と同じ会場です

こちらも定番料理が並んでいて、まあこんなもんかなって感じです

 

団体さんは早めに済ませて出かけたのか、それほど混雑もなくゆっくりできました

家族連れや友人同士という方が多かったのですが、意外に夫婦連れやカップルが多いのにはびっくりしました(あ~、人のことは言えませんが‥)

 

9時ごろまでゆっくりして、今日はこの旅の本命、袋田の滝に向かいます

ホテルから袋田の滝まではすぐの距離です

f:id:dfcarlife:20220302154959p:plain

 

国道118号を久慈川沿いに下って行くとすぐに左折の案内板があります

 

案内に沿って進むと右手に公営の無料駐車場があるのですが、滝までまだ距離がありそうなのでとりあえず先に進みます

 

両側に私営の駐車場があっておじさんが手招きしています

ってことはこれ以上行っても駐車場はないのかなと思ったら、案の定、橋の手前で道がUターンしています(-_-;)

 

「公営に停めて歩こうか‥」と奥さんと意見が合い、さっき通り過ぎた無料駐車場まで戻ります

 

いやー、それにしても今日は朝から日差しが強い!

滝までは1.3kmと書いてあります

 

川沿いをゆっくり歩きますが、日差しを遮るものがあまりありません

先ほどの橋のところまでたどり着いた時には、汗をしっかりかいてしまいました

 

橋を渡ると川沿いにお土産屋さんが建っています

いい雰囲気の中、木陰を選びながら歩くと川風が吹いてきました

 

「いやー、涼しい!」

自然の風はいいですなぁ‥

 

しばらく歩くと、ようやく滝の入り口まできました

受付で入場料を払うと、受付窓から冷気が漏れています

 

「おじさん、その中涼しいそうですね」とうらめしそうに言うと、

「滝までのトンネルはもっと涼しいですよ」だって(^^;

「ほんとかな!?」と思ったら、いやいや本当に涼しい!!

f:id:dfcarlife:20220302160029p:plain

袋田の滝 観瀑台 | 大子町観光協会 (daigo-kanko.jp)より

 

観瀑台までそのトンネルを通って行くのですが、一気に汗が引いていきます(^^)/

トンネルを進むと最初右手に吊橋に続く道があります

 

それを過ぎると第一観瀑台です

f:id:dfcarlife:20220302160246p:plain

袋田の滝 観瀑台 | 大子町観光協会 (daigo-kanko.jp)より

 

ゴーッという音と共に滝が現れました

「すごい迫力!」、って思わず叫んでしまいました

 

言葉ではなかなか伝わりませんが、本当に大きくて迫力のある滝です

上から落ちてくる滝から水煙が上がってきて、マイナスイオンパワー全開!

 

「こりゃ来て良かった!」

以前来たことがあるのですが、全く忘れていたので改めて感動です

 

しばらくの間、自然のミストを堪能してから第二観瀑台に移動します

さっきのトンネルの先にエレベーターがあるので、それに乗って滝の上部へ

f:id:dfcarlife:20220302160333p:plain

袋田の滝 観瀑台 | 大子町観光協会 (daigo-kanko.jp)より

 

上に登ったら、今度は「暑い!」「なに?この湿気!」

下のトンネルと大違いで暑いのなんの

ちょっといただけで汗だくです(-_-;)

f:id:dfcarlife:20220302160426p:plain

袋田の滝 観瀑台 | 大子町観光協会 (daigo-kanko.jp)より

 

眺めも迫力も下からの方がいいということで、早々にエレベーターで下に戻ります

また自然ミストを浴びて落ち着いたところで、今度は吊橋を渡ることにしました

f:id:dfcarlife:20220302160213p:plain

袋田の滝 観瀑台 | 大子町観光協会 (daigo-kanko.jp)より

 

昨日の竜神大吊橋と違って小さい吊橋ですから、まあ揺れること揺れること(*_*)

吊橋の向こう側からも帰ることができるみたいですが、もとのトンネルに戻って出口に向かうことにしました

 

公営駐車場まで戻る間に、先ほどの有料駐車場がいっぱいになっていました

結構、皆さん来てるんですね(^^;

 

いやいや、往復で3kmは歩きました

暑いけど頑張りました!

 

でも袋田の滝はいいですね

大子町の方には大変失礼ですが、想像したより感動です!

ぜひ一度行かれることをお勧めします

袋田の滝・生瀬滝(国名勝) | 大子町公式ホームページ (town.daigo.ibaraki.jp)

袋田の滝 観瀑台 | 大子町観光協会 (daigo-kanko.jp)

 

さ~て、今度は筑波スカイラインに向かいます

 

dfcarlife.hatenablog.com