独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#2 ホンダのEV【Honda e】

前回はモデル3の話をしましたが、今回は「Honda e」です

f:id:dfcarlife:20210506173817p:plain

 

グレードはノーマルとアドバンス 2種類

価格はノーマルが451万円、アドバンスが495万円です(2022年3月現在)

 

う~ん、これも結構いい値段(*_*;

「やっぱりリチウムイオンバッテリーが高いのか?」

f:id:dfcarlife:20220303150806p:plain

搭載されているバッテリー容量は、35.5kWh

これはテスラモデル3パフォーマンスの半分以下、スタンダードレンジプラスの3分の2です

 

なので航続距離は当然短く、ノーマルがWLTCモードで283km、アドバンスだと259kmとなります

 

まぁ当たり前だけど、バッテリー容量と航続距離はほぼ比例してますね(^^;

 

そう考えるとスタンダードレンジプラスはめちゃめちゃコスパがいいですね、って言うかHonda eが高すぎる!(300万円以下が妥当かも・・)

 

ここでこんな評価をしちゃうと先が続かなくなります(^^;

 

Honda eのノーマルとアドバンスの違いは、以下のとおりです

   ノーマル  アドバンス
最高出力(ps/rpm 136 154
最大トルク(N・m/rpm 315 315
航続距離(Km) 283 259

 

 バッテリー容量は同じなので、加速に振ったか、航続距離を優先したかですね

 

それにしても、後続距離が300km未満はちょっとね

あくまでも街乗り優先で遠乗りには向かない仕様です

 

でも街乗りならキビキビ走りそう!

と言うのも、このHonda eはRRレイアウトなんです

 

f:id:dfcarlife:20220303151339p:plain

 

EVなのでアクセルレスポンスが素晴らしく良い上に、クイクイ曲がるRRですから運転が楽しいこと間違いなし

 

更にボディ剛性も高く、前後重量配分が50:50(770kg:770kg)になってると言うんですから曲がらないはずがない!

 

f:id:dfcarlife:20220303151416p:plain

加えてハンドル切れ角も大きくしたことで、何と回転半径が4.3mなんだとか

これなら片側1車線の道路でも、楽々Uターンできます‥(^^;

 

ダッシュボードにはインフォメーションパネルが横いっぱいに並んでおり、サイドミラーの映像がその両側に映るんです

f:id:dfcarlife:20220303151903p:plain

これもなかなか先進的なコックピット周りです

ちょっとコスパが悪いと言ったけど、走りと先進的な装備なら納得かな(^^;

 

かわいいと言えばこのHonda e、ウィルスミス主演の映画「i-Robot」に出てくるロボットのサニーが車になったように感じるのは私だけでしょうか?

 f:id:dfcarlife:20220303152139p:plainアイ,ロボット の映画情報 - Yahoo!映画より

 

ところでHonda eのことを書いているうちに、普段乗りEVのバッテリー容量は「35kWh」 ぐらいでいいのかもしれないと思ってしまいました

 

調べてみると、街中の急速充電器(50kW)は1回30分が限度なんだとか・・

f:id:dfcarlife:20220303152828p:plain

ホンダのホームページを見てみると、条件にもよるけど概ね15分で80km、30分だと160km分の充電が可能なんだそうです

 

逆に言うと、充電器で充電できる量は決まっているわけですから、どんなにバッテリー容量があっても同じ量しか補充できない

 

だったら残量にもよるけど、満充電近くなる「Honda e」もありじゃないかと・・

 

確かに満充電で長く走れる方がいいに決まっています

長距離でも安心だし、充電回数も少なくて済む

 

でも、満充電するにはそれだけ長い充電時間が必要になります

結局のところ1回で充電するか、小分けで充電するかってことですよね

 

いまはインフラがどんどん整備されて、どこでも充電器を見かけるようになりましたから、充電器を探し回るってことはそうそうありません

 

ましてや急速充電器に30分の制約があるのなら、「35kWh」でも問題ないのでは?っと思ったわけです

 

テスラなんかは専用の高速充電器を備えているので、それを使えばもっと早く充電できるのでしょうが、それ以外のメーカーはみな同じ条件ですからね(^^;

 

仮にもっと高性能な充電器が一般化したとして、75kWhが30分で満充電できるとしても、35kWhのバッテリーなら15分以下で充電できちゃうってことですよね

 

まあ、そんな単純な話ではないのかもしれませんが、素人考えだと設備が至るところにありさえすれば、全く問題なさそうな気がするんですが‥(^^;


ちょっと話がそれてしまいました

とにかく、Honda eは街乗りで楽しめそうです

 

このHonda eと比較するEVと言えば、この間プジョーから発売されたコンパクトハッチの「e-208」がいいのではないでしょうか

f:id:dfcarlife:20220303145302p:plain

   Honda e   e-208
価格(万円) 451 412
バッテリー容量(kWh) 35 50
航続距離(WLTCモード/km) 283 380
最高出力(ps/rpm 136 136
最大トルク(N・m/rpm 315 260
車両重量(kg) 1,510 1,490
最小回転半径(m) 4.3 5.4

(2022年3月現在)

どちらも長さ約4m、幅が約1.75mのコンパクトカーで、重さもほぼ一緒ですね

動力性能もトルクに少し差があるだけで、馬力は一緒です

 

違うのがバッテリー容量

e-208は何と50kWhバッテリーを搭載していて、航続距離も380kmを達成しています

 

それでいてエントリー価格が412万円とは・・

これは意外でした

 

e-208には「GTライン」という上位グレードがあるのですが、それでも450万円ですからHonda eのノーマルとほぼ同じ(2022年3月現在)

 

「う~ん、EVもついにコスパ競争に入ってきましたな」

 

ちなみに、このe-208はガソリンの208と全く同じボディを使っていますから、内外装も居住性もガソリン車とほぼ同じ

 

ただ内外装がまったく同じだけに、EVらしい未来的な装備やデザインではありません

208がいいって人に、ガソリンかEVお好きな方をどうぞ!って戦略ですね

 

ちなみに、このプジョー208は2020年欧州カーオブザイヤーに選ばれていますので、ガソリン車もかなりの高評価です!

 

あれれ、Honda eの話だったのですが、e-208の話になっちゃいました

失礼しました(^^;