独仏的クルマ生活

ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ

#10 愛車(コンパクトカー)を選ぼう!【ベスト4はどれ?】

 

前回のシトロエンC3で、候補車の試乗は一通り終わったわけですが・・

 

dfcarlife.hatenablog.com

 

やっぱりクルマは乗ってみなきゃわからないですね

カタログやレポートだけではわからない、クルマとの相性みたいなものが実感できます

 

あっと!それと奥さんの意見が大きく影響してるなってことかな(^^;

 

ここまで奥さんを試乗に付き合わせていると、彼女も「買う気レベル」が90%ぐらいになっているわけで、彼女の評価は無視できません

 

彼女がダメってなると、残念ながら候補からはずれる車が出てくるわけです(^^;

まあそれはいいとして・・

 

 最終的な候補は4台に絞り込まれました

それはマツダCX-3ミニクーパーS、シトロエンC3、フィアット500Xです

 

それぞれのコメントは以下のとおりです

 

マツダCX-3

f:id:dfcarlife:20210524102030p:plain

色・スタイルかなり良い、動力性能も必要十分、安全装置も充実、ACCも標準装備、マツダの頑張りが感じられるエレガントなSUV

 

ミニクーパーS

f:id:dfcarlife:20210524110752p:plain

加速・剛性・静粛性高い、かわいさ抜群で欲しい一台、しかしOP扱いが多く欲しいバージョンを選ぶと値段がかなり高くなる

 

シトロエンC3

f:id:dfcarlife:20210523220425p:plain

可愛く奇抜なデザイン、エンジンは小さいのにトルクがあり高速でも十分加速する、シートが抜群で乗り味はコンパクトカーと思えないしなやかさ

 

フィアット500X

f:id:dfcarlife:20210524113930p:plain

オシャレでかわいい、視点が高く小回りも効く、エンジンは力強いが発進・低速で少しギクシャク、中古でしか希望の車種が選べない

 

どれも本当にいい車で、それなりに個性があってなかなか決めきれない(^^;

すでに買う気100%になっているだけに、ここからは消去法でいくしかありません

 

まず落選したのが、フィアット500X

 

理由は、現段階で条件(色)に合うものが中古車でしか選べないのと、それがなかなか出てきそうにないこと

もうこれは仕方がない・・

 

次に落選してしまったのはミニクーパーS

 

実は最初から欲しい車の筆頭だったのですが、正直言って予算オーバーです(ここまで高くなるとは思わなかった・・)

 

それと加速と車両剛性は抜群ですが、後席の居住性が他車より悪いのを後付けの理由としました

 

というわけで・・

 

残ったのがマツダCX-3シトロエンC3

この2台のプレーオフとなりました

 

マツダCX-3の内外装の作りこみや剛性の高さ、充実した安全装備には本当に驚かされました

 

また常にマイナーチェンジを行いながら、最高のパフォーマンスを発揮できるようにしているマツダの取り組みには改めて感心させられます

 

シトロエンC3は装備という点ではCX-3に劣るものの、あの価格で最低限の機能は押さえているすばらしい一台だと思います

 

それにこのクルマでもっといろんな道を走ってみたいと思わせるところがすごい!

ということで・・

 

次回は愛車になったクルマとその理由を紹介したいと思います